1 条文による『管理』の意味|広義/狭義
2 『管理』行為(狭義)|基本
3 『管理』行為(狭義)|具体的内容|全体
4 『管理』行為(狭義)|賃貸借契約関連|概要
5 使用貸借契約の解約

1 条文による『管理』の意味|広義/狭義

本記事では共有物に関する狭義の『管理』について説明します。
このように『管理』には広義と狭義の2つの意味があります。
紛らわしいので,この2種類の意味について整理します。
民法上,他の規定でも『管理』の用語が使われています。
各種条文の『管理』をまとめます。

<条文による『管理』の意味|広義/狭義>

あ 狭義の『管理』|概要

財産の性質を変えない範囲内の利用または改良(後記※1)
※民法252条・103条2号・602条

い 一般用語の『管理』

維持・改良行為
一般的・日常的な用語の意味である
※民法253条

2 『管理』行為(狭義)|基本

広義の『管理』行為の分類の1つに狭義の『管理』行為があります。
詳しくはこちら|共有物の変更・管理・保存|基本|必要な共有者の持分割合
狭義の『管理』行為の基本的事項をまとめます。

<『管理』行為(狭義)|基本(※1)>

あ 意思決定要件

狭義の『管理』に関する意思決定
→共有者の持分の価格の過半数で決する
※民法252条本文

い 管理|解釈|基本

狭義の管理(行為)の意味
→共有物の使用・利用・改良行為

う 利用・改良行為|解釈
利用 共有物の性質を変更せずに収益を上げる行為
改良 共有物の交換価値を増加させる行為

3 『管理』行為(狭義)|具体的内容|全体

狭義の『管理』行為の具体的内容をまとめます。

<『管理』行為(狭義)|具体的内容|全体>

あ 目的物の使用方法の決定
い 賃貸借契約|締結

一定の範囲内のものに限られる(後記※2)
これを超えると『処分』扱いとなる

う 賃貸借契約|解除

解除する内容の意思決定
決定後の解除通知は別である(後記※3)

え 賃借権譲渡の承諾

賃借人として譲渡を承諾すること(後記※3)

お 一般的賃貸借|賃料減額

サブリース契約における例外もある(後記※3)

か 使用貸借契約|解約

特殊性のある事情についての判例がある
一般的な判断ではないと思われる(後記※4)

4 『管理』行為(狭義)|賃貸借契約関連|概要

共有物を賃貸するケースはよくあります。
いわゆる『収益物件』です。
この場合,賃貸人としていろいろなアクションが生じます。
契約締結・解除・賃料変更・賃借権の譲渡承諾などです(※3)。
解除した後は明渡請求をすることになります。
これらの問題・解釈は別に詳しく説明しています。
詳しくはこちら|共有物|『管理』行為(狭義)|賃貸借|締結・譲渡承諾・賃料変更
詳しくはこちら|共有物|『管理』行為(狭義)|賃貸借|終了=解除・明渡請求

5 使用貸借契約の解約

共有物の使用貸借契約の解約が問題となった判例があります。
結論として『管理』行為であると判断されています。
特殊事情がありましたが,一般的な判断といえるでしょう。

<使用貸借契約の解約(※4)>

あ 使用貸借契約

Aが建物を所有していた
AがBに無償で建物を貸していた
使用貸借契約である

い 相続

Aが亡くなった
相続人B・Cが建物を承継した
CがBに対して『使用貸借の解約』を主張した

う 使用貸借契約|解約→『管理』

使用貸借の解除は『管理』行為である
→持分の価格の過半数の同意が必要である
※最高裁昭和29年3月12日

え 特殊事情の影響

『借主』が『共有者の1名』であった
→この事情が判断に影響しているようには読めない
→『使用貸借契約の解約』一般に成り立つ判断といえる

本記事では,共有物の管理行為の基本的な内容について説明しました。
実際には,具体的・個別的な事情によって違う分類となることもあります。
実際の共有物の扱いの問題に直面されている方は,本記事の内容だけで判断せず,弁護士の法律相談をご利用くださることをお勧めします。