1 共有に関するトラブル|典型例
2 共有トラブル|具体例|単独使用
3 共有トラブル|具体例|第三者への賃貸

1 共有に関するトラブル|典型例

共有という状態は深刻な法的トラブルを生じやすいです。
詳しくはこちら|共有の本質論(トラブル発生傾向・暫定性・分割請求権の保障)
本記事では,共有に関するトラブルの具体例・典型例を説明します。
まず,典型的トラブルの種類の概要をまとめます。

<共有に関するトラブル|典型例>

あ 共有者の1人による使用・占有

実際に使っているのは共有者の1名だけ
→不公平を解消する必要が生じる(後記※1)

い 収益物件の共有

管理に関して多くの『決定すべき事項』がある
→意見の対立が生じやすい(後記※2)

う 誰も使用しない物件

誰も使用したくない
→しかし負担は発生し続ける
ア あまり使い勝手が良くない
イ 売却するためのハードルが高い
ウ 固定資産税・管理コストの負担が重い
解決ガイド|使われていない共有不動産のトラブル

2 共有トラブル|具体例|単独使用

共有に関するトラブルの典型例の1つは『単独使用』です。
共有者の1人が単独で使用する具体的状況をまとめます。

<共有トラブル|具体例|単独使用(※1)>

あ 共有者の単独使用

共有者の1人Aが共有不動産を単独で使用している
例;建物に居住する

い 他の共有者の対抗手段|基本

ア 明渡請求ができない
イ 金銭の請求はできる

う 金銭請求|ハードル

Aが金銭の支払をしない場合
→他の共有者は交渉や裁判手続が必要となる
→継続的に交渉や裁判手続が必要となることもある
解決ガイド|共有の建物に共有者の1名だけが住んでいるケース

3 共有トラブル|具体例|第三者への賃貸

共有に関するトラブルの典型例の1つは『収益物件』です。
つまり,第三者への賃貸に関する意見の対立です。
この種類のトラブルの特徴をまとめます。

<共有トラブル|具体例|第三者への賃貸(※2)>

あ 賃貸借契約の締結

大部分の賃貸借契約(借地借家法が適用される契約)は変更・処分行為に分類される
→共有者全員の同意がないと有効には賃貸借契約を締結できない
しかし,一部の共有者が(反対する共有者を無視して)第三者に賃貸してしまった
→賃借人は退去しなくてよいか,賃料の分配をどうするか,という問題になる
詳しくはこちら|共有者から使用承諾を受けて占有する第三者に対する明渡・金銭の請求
詳しくはこちら|共有者単独での用益物権設定・貸借契約(賃貸借・使用貸借)の効果

い 賃貸借の管理

賃貸借契約については共有者全員が同意して締結した(第三者に賃貸した)
その後,賃料の変更,賃借権(借地権)譲渡,建替承諾を一部の共有者だけで行ってしまった
→このような行為が有効なのかという問題になる
詳しくはこちら|共有物の賃貸借に関する各種行為の管理行為・変更行為の分類(全体)
詳しくはこちら|共有物の賃貸借の賃料増減額に関する管理行為・変更行為の分類

う 賃貸借の終了

賃貸借契約については共有者全員が同意して締結した(第三者に賃貸した)
その後,一部の共有者だけで契約の解除や明渡請求をすることができるかという問題になる
詳しくはこちら|共有物の賃貸借の解除・終了と明渡請求に関する変更・管理・保存行為の分類

共有の収益不動産に生じやすいトラブルの全体像な,説明は別の記事で説明しています。
解決ガイド|共有の収益不動産の3大トラブル=経費,収入分配,管理方法