1 共有不動産の占有・使用|理想と現実
2 共有者単独での使用|法的性質論
3 共有者単独での使用|共有者間の請求|まとめ
4 共有者単独での使用(概要)
5 意図的な妨害行為や大規模な使用(概要)
6 共有者による使用承諾・第三者の占有(概要)

1 共有不動産の占有・使用|理想と現実

共有不動産を1人の共有者が占有・使用することはとても多いです。
他の共有者は使えない状態となります。
全員が納得していれば問題ありません。
しかし見解の対立が生じてトラブルとなることががよくあります。
共有のルールの原則論と現実にはギャップがあります。

<共有不動産の占有・使用|理想と現実>

あ 理想的な状況

共有不動産を占有・使用することについて
例;建物に入居・居住する
→『共有物の使用方法』の1つである
→共有者間で協議し決定しておく
※民法252条〜
詳しくはこちら|共有物の変更・管理・保存|基本|必要な共有者の持分割合

い 現実によくある状況

共有者間でしっかりした協議を行わないことが多い
→明確な合意・決定などが一切ない
→共有者間で見解・希望の対立が生じることがある

う 共有者間の請求|例

ア 明渡請求
イ 金銭請求
使用対価の請求である
ウ 差止・原状回復請求
使用を止めることや元に戻すことの請求である

2 共有者単独での使用|法的性質論

共有者単独での使用についての法的解釈は複雑です。
複雑にしているのは共有の本質的な性質です。
法的性質からくる特殊な状況を整理します。

<共有者単独での使用|法的性質論>

あ 前提事情

共有者の1人が共有物を単独で占有・使用している

い 抽象的権原

共有持分権により共有物全体を使用する権原がある

う 制約

他の共有者も共有持分権を持つ
共有物全体の占有・使用は他の共有持分権を侵害する

え 法的性質論

違法・適法が不可分的に混在している
※東京高裁昭和58年1月31日

お 法的解釈論・傾向

具体的使用形態・方法によって
→共有者間の請求が認められるか否かが違ってくる

法的な扱いは状況によって大きく違います。
大きな分類について,次に説明します。

3 共有者単独での使用|共有者間の請求|まとめ

共有者が単独で共有物を使用する場合の法的扱いは複雑です。
大まかに分類して,認められる請求をまとめます。

<共有者単独での使用|共有者間の請求|まとめ>

状況 具体例 差止・明渡請求 金銭請求
単純な占有(※1) (原則) ×
過去の経緯が特殊(※2) 長年居住を許容されていた × ×
占有取得方法が特殊(※3) 実力行使で強奪した
意図的な妨害行為(※4) 通路の通行妨害行為
大規模な工事(※5) 共有土地の造成工事
建物建築(未了)(※6) 共有土地上の建物建築工事中(未完成)
建物建築(完了)(※7) 共有土地上の建物建築工事完了 ×

4 共有者単独での使用(概要)

前記の法的扱いの概要を順に説明します。
まず,原則的な扱いとしては,明渡請求は認められません(前記※1)。
そして,金銭の請求だけは認められます。
ただし,個別的な事情によって判断は違ってきます(前記※2,※3)。
詳しい判例の解釈論は別に説明しています。
詳しくはこちら|共有者自身の1人による使用|基本|原則・例外=相続・内縁関係

5 意図的な妨害行為や大規模な使用(概要)

共有者が『占有』以外の形態で他の共有者の妨害をすることがあります。
物理的に共同通路にバリケードを設置するなどです。
この場合は他の共有者の権利侵害の程度が高いです。
そこで差止請求が認められる傾向が強いです(前記※4)。
また,共有不動産を工事する規模が大きい場合も差止請求が認められる傾向があります(前記※5)。
共有の土地上に建物を建築する工事も規模が大きく,差止請求が認められます(前記※6)。
しかし,建築工事が完了してしまうと,差止請求は否定される傾向になります(前記※7)。
これらの詳しい解釈論は別に説明しています。
詳しくはこちら|共有者の1人による使用|占有強奪・占有を超える行為・建物建築

6 共有者による使用承諾・第三者の占有(概要)

共有者以外が共有物を占有するケースもあります。
単なる不法占有の場合は法的な扱いはあまり複雑ではありません。
詳しくはこちら|共同訴訟形態|第三者への請求|妨害排除|返還・明渡・抹消登記請求
占有する第三者が共有者の一部から承諾されているケースもよくあります。
この場合は,単なる不法占有とは違う扱いとなります。
これについては別に説明しています。
詳しくはこちら|共有者の1人による使用承諾→第三者の占有