1 共有に関するトラブル|典型例
2 共有トラブル|具体例|単独使用
3 共有トラブル|具体例|第三者への賃貸

1 共有に関するトラブル|典型例

共有という状態は深刻な法的トラブルを生じやすいです。
詳しくはこちら|共有の不都合性・トラブル発生要因・本質論
本記事では,共有に関するトラブルの具体例・典型例を説明します。
まず,典型的トラブルの種類の概要をまとめます。

<共有に関するトラブル|典型例>

あ 共有者の1人による使用・占有

実際に使っているのは共有者の1名だけ
→不公平を解消する必要が生じる(後記※1)

い 収益物件の共有

管理に関して多くの『決定すべき事項』がある
→意見の対立が生じやすい(後記※2)

う 誰も使用しない物件

誰も使用したくない
→しかし負担は発生し続ける
ア あまり使い勝手が良くない
イ 売却するためのハードルが高い
ウ 固定資産税・管理コストの負担が重い
解決ガイド|使われていない共有不動産のトラブル

2 共有トラブル|具体例|単独使用

共有に関するトラブルの典型例の1つは『単独使用』です。
共有者の1人が単独で使用する具体的状況をまとめます。

<共有トラブル|具体例|単独使用(※1)>

あ 共有者の単独使用

共有者の1人Aが共有不動産を単独で使用している
例;建物に居住する

い 他の共有者の対抗手段|基本

ア 明渡請求ができない
イ 金銭の請求はできる

う 金銭請求|ハードル

Aが金銭の支払をしない場合
→他の共有者は交渉や裁判手続が必要となる
→継続的に交渉や裁判手続が必要となることもある
解決ガイド|共有の建物に共有者の1名だけが住んでいるケース

3 共有トラブル|具体例|第三者への賃貸

共有に関するトラブルの典型例の1つは『収益物件』です。
つまり,第三者への賃貸に関する意見の対立です。
この種類のトラブルの特徴をまとめます。

<共有トラブル|具体例|第三者への賃貸(※2)>

あ 意思決定要件・管理|概要

『管理』行為について
→持分価格の過半数で決する
→持分割合の少ない共有者の意向が無視される
詳しくはこちら|共有物の変更・管理・保存|基本|必要な共有者の持分割合

い 具体例|賃貸

共有者A・B・Cの持分割合はそれぞれ3分の1である
Aは賃貸に反対している
B・Cは賃貸に賛成している
→A・B・Cの名義で第三者に賃貸される
詳しくはこちら|使用方法の意思決定|実行行為の授権・第三者への通知の方法
解決ガイド|共有の収益不動産の3大トラブル=経費,収入分配,管理方法