1 親子関係・家裁の手続|まとめ
2 親子関係・家裁の手続|背景・実情
3 親子関係・家裁の手続|根拠
4 親子関係・家裁の手続|分類・調停前置
5 親子関係・家裁の手続・当事者
6 親子関係・家裁の手続・申立期間制限
7 親子関係・家裁の手続|調査・審理の内容|DNA鑑定など

1 親子関係・家裁の手続|まとめ

嫡出推定の誤作動が生じることがあります。
原則的に誤作動を解消するには家裁の調停・訴訟が必要です。
(別記事『嫡出推定・誤作動・基本』;リンクは末尾に表示)
『誤作動』がなくても『認知請求』の調停・訴訟を利用するケースもあります。
詳しくはこちら|強制認知|家裁の調停・訴訟|協力しない『父』への認知請求
いずれにしても,家裁で『親子関係』を確認する手続です。
本記事では親子関係についての家裁の手続全体を説明します。
まずは手続全体を表にまとめてみました。

<親子関係|家裁の手続|まとめ>

申立人 相手方 申立期間 推定が及ぶ場合の利用
嫡出否認 推定対象の『父』(=戸籍上の『夫』) 子,親権者である母 推定対象の『父』が出生を知ってから1年間
親子関係不存在確認 制限なし(※3) 推定対象の『父』(=戸籍上の『夫』) 規定なし
認知(※1) 子,親権者である母 真実の『父』(※2) 規定なし

※1 真実の『父』に対する認知請求
※2 戸籍上の『夫』の関与は不要である
※3 申立人について→後述する

2 親子関係・家裁の手続|背景・実情

親子関係を確認する手続には特徴があります。
典型的な事情・背景をまとめます。

<親子関係・家裁の手続|背景・実情>

あ 典型的状況

当事者,関係者の認識が一致していることが多い
→当事者が納得していても役所で戸籍の手続ができない
→家庭裁判所の手続が必要である
調停では当事者が『協力的』である
詳しくはこちら|嫡出推定・誤作動|出生届|戸籍の訂正|義務・期限・罰則

い 対立するケース

熾烈に『父が誰なのか』の見解が対立するケースもある

実務・現実的には『円満』なケースが多い傾向があります。
もちろん,熾烈に対立するケースもあります。

3 親子関係・家裁の手続|根拠

『親子関係』についても家裁の手続は3種類に分類できます。
まずは法律上の根拠をまとめておきます。

<親子関係・家裁の手続|根拠>

あ 民法上の規定|嫡出否認・認知

民法上は『訴え』と規定されている
※民法774条,787条

い 民法上の規定|親子関係不存在確認

解釈として『あ』と同様に扱うこととされている
※人事訴訟法2条2号

4 親子関係・家裁の手続|分類・調停前置

親子関係についての家裁の手続の分類と調停前置の適用についてまとめます。

<親子関係・家裁の手続|分類・調停前置>

あ 分類

『訴訟対象事件−特殊調停対象事件』に分類されている
詳しくはこちら|家事事件|手続|種類・基本|別表第1/2事件・一般/特殊調停対象事件

い 調停前置

『調停前置』が適用される
→最初に『家事調停』を申し立てる
調停不成立となったら訴訟提起ができる
詳しくはこちら|調停前置|基本|趣旨・不服申立

5 親子関係・家裁の手続・当事者

親子関係についての家裁の手続では『当事者』が決まっています(前記)。
『当事者』についての法的根拠や解釈論は別に説明しています。
(別記事『親子関係・手続・当事者』;リンクは末尾に表示)

6 親子関係・家裁の手続・申立期間制限

親子関係についての家裁の手続では『期間制限』があるものもあります。
『嫡出否認』に関する解釈論について,最高裁判例があります。
このような期間制限については別に説明しています。
(別記事『嫡出否認・申立期間制限』;リンクは末尾に表示)

7 親子関係・家裁の手続|調査・審理の内容|DNA鑑定など

親子関係についての家裁の手続では『親子関係』の確認・審査がなされます。
調査や審理の内容,具体的方法については別に説明しています。
(別記事『親子関係|調査・立証の内容』;リンクは末尾に表示)