1 部分的価格賠償|判例による創設
2 全面的価格賠償|判例による創設
3 全面的価格賠償|典型的争点

1 部分的価格賠償|判例による創設

基本的な分割類型は3つあります。
詳しくはこちら|共有物分割|分割類型|全体
その中で『価格賠償』は活用場面が多いです。
価格賠償は判例で創設された分割類型と言えます。
段階的に認められるようになりました。
順に説明します。
まず,第1弾として『部分的』な価格賠償が認められました。

<部分的価格賠償|判例による創設>

あ ネーミング・バラエティ

ア 部分的価格賠償
イ 補充的価格賠償
ウ 一部価格賠償

い 分割内容

共有者A・Bで現物分割をする
Aの取得した現物が,持分の価格を超える
AがBに超過分の対価を支払う
=過不足分を補償金で調整する

う 判例

『い』の分割類型は条文に規定がない
判例で認められた
※民法258条2項
※最高裁昭和62年4月22日

2 全面的価格賠償|判例による創設

部分的価格賠償は活用場面がそれほど広くありません。
第2弾として『全面的』価格賠償が認められました。

<全面的価格賠償|判例による創設>

あ 分割内容

共有物を共有者のうち1人の単独所有or数人の共有とする
他の共有者に持分権の価格を賠償する

い 判例

『あ』の分割類型は条文に規定がない
判例で認められた
※民法258条2項
※最高裁平成8年10月31日;判決が複数ある
※最高裁平成9年4月25日
※最高裁平成10年2月27日
※最高裁平成11年4月22日

3 全面的価格賠償|典型的争点

実務では全面的価格賠償の主張がとても多いです。
全面的価格賠償での典型的な争点をまとめます。

<全面的価格賠償|典型的争点>

あ 取得する共有者

共有者の1人Aが共有不動産を単独で取得すること
→共有者間で意見が一致することが多い

い 金額

賠償金の金額・不動産の評価額
→見解の対立が生じることが非常に多い