1 形式的競売における法定地上権の成否
2 共有の土地の形式的競売(前提事情)
3 形式的競売における法定地上権の成否
4 形式的競売の後の意思解釈による利用権原

1 形式的競売における法定地上権の成否

担保権実行や強制執行による不動産の競売では,法定地上権が成立することがあります。
詳しくはこちら|法定地上権の基本的な成立要件
ところで,これら以外の競売として,形式的競売があります。
典型的なものは共有物分割のうち換価分割となったケースで不動産を売却するというものです。
形式的競売では,法定地上権が成立するかどうかの解釈があります。
本記事ではこれについて説明します。

2 共有の土地の形式的競売(前提事情)

形式的競売によって法定地上権が成立するかどうかの問題が生じる具体的な状況をまとめます。

<共有の土地の形式的競売(前提事情)>

あ 所有関係
建物 A所有
土地 AB共有→形式的競売
い 土地利用権原

AB間の合意によりAに土地利用権がある

う 形式的競売

土地について
換価分割による共有物分割がなされた
→形式的競売が行われた

3 形式的競売における法定地上権の成否

実務では,形式的競売の際に法定地上権は成立しないという見解が一般的です。
ただし,成立を認める見解もあります。

<形式的競売における法定地上権の成否>

あ 異質性

換価分割による形式的競売について
本来民事執行とは異質である

い 規定の形式面

条文上,法定地上権の規定は適用されない
※民事執行法195条,188条,81条
※民法388条

う 結論

法定地上権は成立しない
※東京高裁平成3年9月19日
※福岡高裁平成19年3月27日

え 他の見解

法定地上権を肯定する見解もある
※東京地裁民事執行実務研究会編『改訂不動産執行の理論と実務(上)』法曹会1999年p267,268

4 形式的競売の後の意思解釈による利用権原

法定地上権の成立を否定しても,それ以外の根拠によって土地利用権原を認める見解もあります。
この見解をとった裁判例では,利用権原の内容が示されていません。
土地は共有ではなくなったのに,共有者の合意を根拠にしているように読めます。
いずれにしても一般化できる解釈ではないと思われます。

<形式的競売の後の意思解釈による利用権原>

あ 意思解釈による土地利用権限

形式的競売の後において
共有者間の合理的意思解釈として
建物のための土地利用権原を認める
※東京高裁平成3年9月19日

い 利用権原の内容

利用権原の内容は明示されていない