1 共有物分割×法的性格
2 共有物分割×瑕疵担保責任|基本
3 共有物分割×瑕疵担保責任|瑕疵・責任の分類
4 判決による共有物分割×瑕疵担保責任

1 共有物分割×法的性格

共有物分割に関して瑕疵担保責任が適用されます。
その理由は,共有物分割の法的性格にあります。
そこで最初に,共有物分割の法的性格をまとめます。

<共有物分割×法的性格>

あ 共有物分割×法的性格

現物分割・価格賠償について
→共有者相互間における持分の交換or売買である
※最高裁昭和42年8月25日

い 一般的な契約との対応
分割類型 該当する契約
現物分割 交換契約
価格賠償 売買契約

2 共有物分割×瑕疵担保責任|基本

共有物分割に関する瑕疵担保責任の基本的事項を整理します。

<共有物分割×瑕疵担保責任|基本>

あ 瑕疵担保責任

『他の共有者が分割によって取得した物』について
共有者は担保責任を負う
※民法261条,559条

い 民法261条|法的性格

民法261条の法的性格
→確認的な規定である

う 任意規定

担保責任は特約で排除できる
※民法572条
※『新版注釈民法(7)物権(2)』有斐閣p486

一般的に有償契約については瑕疵担保責任が適用されるのです。
詳しくはこちら|売買・請負の瑕疵担保責任の基本
共有物分割も有償契約の性格を持っています。
そのため瑕疵担保責任が適用されることになるということです。

3 共有物分割×瑕疵担保責任|瑕疵・責任の分類

瑕疵担保責任の対象となる瑕疵・責任の分類を説明します。
共有物分割の担保責任は一般的なものと違うところもあります。

<共有物分割×瑕疵担保責任|瑕疵・責任の分類>

あ 瑕疵担保責任|瑕疵の分類
瑕疵の種類 根拠・民法
権利の瑕疵 民法561条
物の瑕疵 民法570条
い 瑕疵担保責任|責任の分類
責任の種類 協議による分割 判決による分割
損害賠償・代金減額
解除 ×(後記※1)

4 判決による共有物分割×瑕疵担保責任

共有物分割が判決で完了するケースもあります。
この場合の瑕疵担保責任の解釈をまとめます。

<判決による共有物分割×瑕疵担保責任(※1)>

あ 瑕疵担保責任|基本

判決による共有物分割について
→一般的な瑕疵担保責任は準用されない
※民法561条・570条
共有物分割に関する瑕疵担保責任(『い』)だけが適用される
※民法261条

い 瑕疵担保責任|具体的内容

判決による分割を解除することについて
→『裁判』を解除することになってしまう
→認められない
※有力説
※我妻栄ほか『新訂物権法』岩波書店p334
※舟橋諄一『物権法(法律学全集)』有斐閣p392
※林良平『物権法』有斐閣p141
※『新版注釈民法(7)物権(2)』有斐閣p486