1 結婚に執着→幸福成就しない+少子化
2 『結婚』に固執して幸せ獲得機会喪失|結婚宗教・手段の目的化
3 結婚宗教の普及|97%以上のシェア
4 『カジュアルな結婚制度』=諸外国と違って手続が簡単
5 『手続が簡単』×『責任が重い』×『無知』の3要件が揃ってしまった
6 『カジュアルな結婚制度』〜Made in U.S.A.(GHQ)の憲法24条が地雷説〜
7 結婚宗教の『改宗』の兆し

結婚制度の不合理性は別記事で説明しています。
詳しくはこちら|結婚制度の不合理性|婚費地獄・結婚債権・苗字|裁判所は婚外子促進方針
不合理であるけれど,日本の現代社会では『結婚に執着する』傾向が非常に強いです。
本記事では『宗教的な結婚への固執』について説明します。

1 結婚に執着→幸福成就しない+少子化

結婚に固執することで,幸せが失われている,という指摘があります。

<恋愛市場における結婚制度の影響>

あ 経済力のある男性

過剰な負担があるため→結婚を避ける

い 一般的な女性

『結婚』できないなら『子供を作らない』『別れる』(※1)

う 社会的現象

晩婚化・未婚化・少子化

2 『結婚』に固執して幸せ獲得機会喪失|結婚宗教・手段の目的化

恋愛市場のマッチングを妨害する,根本的な女性の思考回路を分析します。

<『結婚』に固執する傾向=結婚宗教(上記※1)>

『結婚』できないなら『子供を作らない』『子供を下ろす』『別れる』
『素敵なパートナー・出産』よりも『結婚』の2文字に憧れる
『女性は結婚に固執してパートナー・子供を持つ機会を失う』
出産した子供が『婚外子』になったらかわいそう
『婚外子』を産むのは世間体が良くない

ではなぜこのような考え方が普及しているのかを考えてみます。

<『結婚』に固執する理由>

あ 経済的に保護される→△
い 周り・世間の『家族』がみな結婚しているから→◎

前述のように『正妻』の保護は強烈です。
しかし,恋愛市場では一般的には『保護』の内容などしっかりと理解している人は少ないです。
離婚に直面して初めて学ぶ・知る,という方が大半です。
『結婚』に固執する理由は『周りがみんなそう』というだけです。

<カジュアル→皆婚スパイラル>

(少なくとも出産の時は)みな結婚届を出してしまう

出さない(で出産する)ことが異常

結婚届を出してしまう

戻る

このように『皆婚執着』は,経済的・個人の幸福,といった合理的思考を超えた『社会的集団心理』なのです。
これは宗教のレベルに達しています。
そこで『結婚宗教』と呼ばれています。

<結婚制度×『手段の目的化』>

比較 手段 目的
本来の姿 結婚 幸せなパートナー・子供を持つ
結婚宗教 結婚してくれる男性を探す 結婚すること

このような『手段の目的化』という現象という言い方もできます。

3 結婚宗教の普及|97%以上のシェア

結婚宗教のシェアは非常に大きいです。
競合の宗派『婚外子』のシェアがいかに小さいか,を紹介します。

<婚外子/嫡出子割合>

西暦 婚外子 嫡出子
1925年 7.26% 92.76%
1978年 0.77% 99.23%
2012年 2.23% 97.77%

外部サイト|社会実情データ図録

戦前は『結婚した夫婦の子供=嫡出子(婚内子)』のシェアは93%未満でした。
その後,太平洋戦争を経て,最大で99%超えを達成しました。
逆に言えば『7%以上の婚外子シェアを1%未満に抑え込んだ』ということです。
『嫡出子シェア』は,現在に至るまでには徐々に落としていますが,まだ97%を超えています。

4 『カジュアルな結婚制度』=諸外国と違って手続が簡単

あまり意識しませんが,現在の日本の結婚システムは非常に『カジュアルな設定』なのです。
『婚姻届を役所に提出するだけ』というのは非常に『軽い』方法なのです。
諸外国では役所・裁判所や牧師と会って,審査や宣誓式その他セレモニーをしないと結婚できない,という制度が多いのです。

<外国の結婚制度あれこれ>

あ 米国の制度

役所でMarriage License
→牧師によるセレモニーや宣誓式→Marriage Certificate

い フランスの制度

(正式)結婚
市町村の庁舎で市町村長により挙式
※ユニオン・リーブルやパクスという,結婚を簡易化した制度もある

5 『手続が簡単』×『責任が重い』×『無知』の3要件が揃ってしまった

このような『結婚が面倒』な国では,面倒だから結婚を避ける,というメカニズムが働いているのです。
この点『正社員の規制を強くする→企業は正社員を避ける(非正規雇用が増える)』という最適化メカニズムと同様です。
しかし,結婚に関しては『最適化メカニズム』が一定条件で働かなくなります。
『手続が重い』と回避が発動しますが『責任が重い』では発動しにくいです。
理由は『当事者が契約に含まれる権利義務の内容・大きさを理解していない』ということです。
これが『通常の経済活動における取引』と『結婚債権の取引』での大きな違いです。

6 『カジュアルな結婚制度』〜Made in U.S.A.(GHQ)の憲法24条が地雷説〜

シェア拡大のポイントは太平洋戦争にあります。
日本のカジュアル結婚制度は,敗戦in1945に遡ります。
日本国憲法が,GHQの草案から作られました。

<カジュアル結婚システム;憲法24条1項>

婚姻は,両性の合意のみに基いて成立し,夫婦が同等の権利を有することを基本として,相互の協力により,維持されなければならない。

この人当たりの良い・心地良い舌のしらべと,背後にある強烈な保護のコントラストまではGHQの想定外だったのでしょう。

7 結婚宗教の『改宗』の兆し

信仰的な『結婚固執現象』ですが,少しずつですが,解消の方向性が見えます。

<結婚宗教の緩和方向〜『改宗』兆し〜>

あ 結婚しないと性交渉(妊娠→出産)をしない←’70年代

↓緩和

い 妊娠したら結婚すれば(出産をしても)良い←イマココ

↓緩和

う 結婚しなくても出産して良い;婚外子←n年後