1 SMBC|弁護士会照会に関する協定|概要
2 SMBC|弁護士会照会に関する協定|全本支店一括回答
3 SMBC×弁護士会照会|活用場面→少ない
4 SMBC×弁護士会照会|銀行の強烈な公共性
5 SMBC×弁護士会照会|すべての弁護士会への回答が要請される
6 調査の効率アップ→差押可能・容易化
7 調査の効率アップ→代替・類似サービス・マーケット縮小
8 差押の攻防|想定される現象・仮説
9 レガシーサービスの不都合性→新テクノロジー促進|シオナイト現象

1 SMBC|弁護士会照会に関する協定|概要

三井住友銀行が『弁護士会照会への回答』に関する運用方法を定めました。
弁護士会との協定としてルール化されたのです。
平成26年・平成27年7月からの運用ルールについて説明します。

<SMBC|弁護士会照会に関する協定|概要>

あ 協定概要|全店照会

『弁護士会照会×回答』のルールを明確化した
『全本支店』一括での調査を行う

い 協定当事者・運用開始時期

三井住友銀行(SMBC)と次の弁護士会

弁護士会 運用開始時期
大阪弁護士会 平成26年7月1日
第2東京弁護士会 平成27年7月1日

※『自由と正義15年1月』日本弁護士連合会p17〜

2 SMBC|弁護士会照会に関する協定|全本支店一括回答

『弁護士会照会に対するSMBCの回答』としてルール化された内容をまとめます。

<SMBC|弁護士会照会に関する協定|内容>

あ 協定に基づく照会への回答

ア 調査→回答範囲
全本支店のうち該当する口座情報
イ 回答項目
本支店名・預金種別・残高

い 回答する条件

開示請求者が『債務名義』を取得している場合
ただし『執行証書』は除く

う SMBCのディフェンスへの協力

回答したことを理由にSMBCが責任追及を受けた場合
例;預金者から損害賠償請求訴訟を提起された
→弁護士会は訴訟遂行に協力する
※『自由と正義15年1月』日本弁護士連合会p17〜

債務名義,執行証書,弁護士会照会についての基本事項は別記事で説明しています。
関連コンテンツ|債務名義の種類|確定判決・和解調書・公正証書(執行証書)など
詳しくはこちら|弁護士会照会|基本|公的性格・調査対象・手続の流れ

従前は一般的に『銀行口座の管理は支店ごと』という扱いでした。
これは『差押における特定』として,判例が蓄積されているテーマと同じです。
詳しくはこちら|預貯金の差押|特定の趣旨・範囲|支店特定不要説|特定方式

3 SMBC×弁護士会照会|活用場面→少ない

SMBCの口座の情報を取得する実務的場面を説明します。
上記協定では前提条件が『債務名義がある』ということになっています。
この場合は,直接的に預金について債権差押の申立ができる状態です。

<預金の差押|手続概要>

あ 金融機関の回答

金融機関は対象預金の情報を回答する
差押を行った債権者は把握できる

い 回答事項|概要

ア 対象口座の有無
イ 残高

要するに預金差押は『情報取得』を兼ねているのです。
そこで,債務名義がある時点で『弁護士会照会を行う』状況は通常は生じにくいです。

4 SMBC×弁護士会照会|銀行の強烈な公共性

SMBCの開示ルールは『第2東京弁護士会』との協定で決められました。
他の弁護士会経由での照会ではどうなるか,という問題があります。
この扱いは,銀行の本質的・社会的立場・存在意義と関係します。
そこで銀行の『公共性』について確認します。

<銀行の強烈な公共性>

あ 銀行法による趣旨

銀行は『公共性』が高い
※銀行法1条1項

い 極度に強固な免許制

現実的に,新規に免許を取得することが非常に困難である
→合法的参入規制が強烈である
=公的独占事業
※銀行法4条1項

日本では多くの業種が強い『法律による参入規制』の対象となっています。
銀行はその中でも特に強い保護が与えられた状態です。
関連コンテンツ|マーケットの既得権者が全体最適妨害|元祖ラッダイト→ネオ・ラッダイト

5 SMBC×弁護士会照会|すべての弁護士会への回答が要請される

銀行の強い『公共性』から『照会に対する回答』がつながります。

<公共性→公正確保|弁護士会>

同様の手続である以上『照会を行う弁護士会』による別扱いは不合理である
→他の弁護士会による照会でも同様の扱いが要請される

6 調査の効率アップ→差押可能・容易化

SMBCの口座については,調査が非常に効率的になります。
これによる影響として,まずは『差押』の実現可能性アップが挙げられます。

<調査の効率アップ→差押可能・容易化>

あ 差押が可能・容易となる現象

債権者が『債務者のSMBC預金口座』を把握できる
→『差押の実現』につながる

い 既存の差押容易財産(参考)

ゆうちょ銀行の預金は『差押容易』である

詳しくはこちら|預貯金の差押における『特定』の範囲;まとめ

7 調査の効率アップ→代替・類似サービス・マーケット縮小

SMBCの口座調査が容易になることの影響は他にも考えられます。
『口座調査』の代替サービスや類似サービス・マーケットへの影響です。

<調査の効率アップ→代替・類似サービス・マーケット縮小>

あ 代替サービス|調査会社による調査

詳しくはこちら|調査会社・探偵・興信所|相手方の財産や住所の調査

い 代替サービス|財産開示手続

詳しくはこちら|財産開示手続により相手の財産を把握できる

う 類似サービスによる非効率的利用→減少

当てずっぽう差押乱発作戦が減少・緩和される
関連コンテンツ|預貯金の差押における『特定』の範囲;まとめ

実務的な差押のシーンでは『債務者の預金口座が分からない』ということが多いです。
この場合『想定される銀行の支店』を当てずっぽうで設定して差押を申し立てる手法があるのです。
調査の効率が上がれば,このような『非効率な代替手法』を取る必要性が少なくなります。

8 差押の攻防|想定される現象・仮説

口座調査の効率アップの影響として,さらに想定される現象があります。
仮説をまとめます。

<差押の攻防|想定される現象・仮説>

あ 『差押を受けやすい』状態の回避

ア SMBC口座×差押容易化
顧客がSMBCへの預入を避ける現象
イ マイナンバー制導入×預貯金全般・差押容易化
顧客がレガシー金融機関への預入を避ける現象

い 差押不可財産の普及促進

ア 仮想通貨
例;ビットコイン
イ 信託(受益権)の活用

関連コンテンツ|倒産隔離|権利の帰属・信託の2段階で判断する|判例の判断フロー・基準まとめ
関連コンテンツ|ビットコイン自体の差押・ビットコイン建て請求権に基づく差押|差押の基本
関連コンテンツ|ビットコイン『返還請求権』の差押|基本|ウォレットを預貯金と同じ方式で差押
詳しくはこちら|ウォレット内ビットコインの差押|SPVクライアント型は可能性あり

9 レガシーサービスの不都合性→新テクノロジー促進|シオナイト現象

銀行預金の特徴が仮想通貨を後押しする現象に着目します。
このような現象は多くのイノベーションで構造的・普遍的に生じるものです。

<シオナイト現象(に類似する現象)>

あ 預金の制度が仮想通貨を促進する現象

レガシーな銀行預金の不都合・不便性
→仮想通貨の普及を促進する

い 普遍的法則|シオナイト現象

『レガシーサービス』の不都合性
→『新テクノロジー』の普及を促進する
→サービスのリプレイスにつながる

う 注意;純粋シオナイト現象ではない

本来の『シオナイト現象』は要因が『法規制による不都合性』である
→預金のリプレイス現状(『あ』)にはこの点が該当しない

関連コンテンツ|ネオ・ラッダイト討伐|3権・テクノロジー・グレーゾーン=ベンチャーの聖域

<参考情報>

2弁フロンティア15年7月号
外部サイト|第2東京弁護士会|二弁フロンティア