1 強制執行するためには一定のアイテムが必要;債務名義
2 債務名義には多くの種類がある

1 強制執行するためには一定のアイテムが必要;債務名義

差押やその他の強制執行を行うためには,一定のアイテムが必要です。
これを『債務名義』と呼んでいます。

『債務名義』の典型は確定判決です。
それ以外にも多くの種類があります。

2 債務名義には多くの種類がある

債務名義としては,法律上いくつかの種類が規定されています。

<主な債務名義の種類>

あ 確定判決
い 裁判所の和解調書
う 調停調書
え 認諾調書
お 公正証書(執行証書)

『執行認諾付公正証書』のこと
執行力を生じる対象は『金銭・有価証券の給付』だけである

か 訴え提起前の和解

詳しくはこちら|訴え提起前の和解の基本(債務名義機能・互譲不要・出席者)

き 仮執行宣言付支払督促

別項目;支払督促は簡易に債務名義を取得する手続
※民事執行法22条
※民事訴訟法267条

く 刑事和解・損害賠償命令

刑事事件の裁判における手続
※犯罪被害者保護法19条4項,33条5項
詳しくはこちら|刑事和解・損害賠償命令手続|刑事裁判の中で損害賠償を扱う