1 協議による境界トラブルの解決
2 筆界特定制度|協議→解決見込み高い場合有意義
3 民事調停の特徴
4 境界確定訴訟の特徴

1 協議による境界トラブルの解決

土地の境界の紛争を解決する手段はいくつかあります。
軽いものから順に紹介します。
まずは協議,つまり話し合いで解決するというものがあります。

<協議による境界トラブルの解決>

あ 当事者

境界に接する土地の所有者全員

い 協議

『あ』の全員が協議を行う
全員が合意すれば紛争が解決する

う 合意の内容

公法上の境界について
→私人(所有者)が処分できない
→『所有権の境』の合意とする

2 筆界特定制度|協議→解決見込み高い場合有意義

協議が成立しない場合は訴訟を利用するのが一般的です。しかし訴訟よりも軽い手続があります。
その1つが『筆界特定制度』です。

<筆界特定制度の特徴>

あ 制度の主催者

法務局(筆界特定登記官)

い 実際の調査作業

法務局が『筆界調査委員』に外注する
一般的に,測量士や土地家屋調査士が選任される
詳しくはこちら|筆界特定制度|基本|特徴・標準処理期間・申請・手続の流れ

う デメリット

法務局の判断に拘束力はない
当事者の1人が納得しないと解決に至らない
詳しくはこちら|筆界特定制度|終了・不服申立・訴訟提起|登記記録・分筆・地積更正

手続自体は法務局が進めてくれるのは大きなメリットです。
しかし,強制力がないというのがデメリットなのです。
逆に,最初から双方が納得する可能性がある程度高い,という場合は筆界特定制度が有意義でしょう。

3 民事調停の特徴

一般的な『民事調停』で境界の紛争を解決するということもあり得ます。
所有権の境について話し合いベースで進める,というものです。調停委員が介在するので,単純な交渉とは違います。
しかし,調停委員が『土地境界に特化』した方とは限りません。
調停委員の介在があまり役立たないこともあります。
話し合い中心で進めるのであれば『筆界特定制度』の方がベターと言えるケースが多いです。

4 境界確定訴訟の特徴

最終的な解決手段は境界確定訴訟です。手続は重いですが,確実に解決に至ります。

<境界確定訴訟の特徴>

あ 基本的な特徴

当事者が合意に達しなくても解決に至る
最終的に裁判所が判決として判断を示す

い 手続の進行

裁判所は積極的に証拠収集を行わない
当事者が証拠を集めて提出する必要がある

う 協議の可能性

実際には審理中に和解協議が進むことが多い
和解が成立するケースもよくある
和解の場合は『所有権境』を合意する

え 全体的な特徴

他の手段よりも時間や手間を要する
強制力があり,確実に解決に至る

ある程度対立が激しい場合は,最初から最終手段である訴訟を用いるとかえって効率的です。