1 親権者・監護権者・面会交流|『子供の意思』の尊重
2 調停段階×『子供の意思』調査|実施することもよくある
3 子供の意思の確認×迎合バイアス・リスク|同居親に気を遣う
4 調停・審判|『子供の意思』の確認方法|調査官
5 『子供の意思』調査×精神テスト|『同居親』の影響
6 『子供の意思』調査|原則的に親の立会なし
7 『子供の意思』調査×別居親の立会|ショック現象

1 親権者・監護権者・面会交流|『子供の意思』の尊重

夫婦・親子が関わる事案で『子供の意思』が重視される場面があります。
家裁の手続で『子供の意思』を調査することがあります。
これについてまとめます。

<親権者・監護権者・面会交流|『子供の意思』の尊重>

あ 親権者,監護権者指定の調停・審判

『子供にとって』どちらの養育が適切かを判断する
→子供自身の意思が重視・尊重される
詳しくはこちら|親権者,監護権者の指定は『子の利益』により判断される

い 面会交流の調停・審判

面会交流をさせるか否か・その程度を判断する
→子供自身の意思が重視・尊重される

調査の具体的な内容・方法については後述します。

2 調停段階×『子供の意思』調査|実施することもよくある

一般的に『調停』の段階では裁判所による『調査』はあまり行われません。
しかし『子供の意思』の調査は例外的によく行われます。

<調停段階×『子供の意思』調査>

あ 調停の根本的性格

当事者の話し合いがメインである
最終的に当事者双方が合意しない限り成立しない

い 『子供の意思』確認の特殊性

調停での話し合いを促進するという効果がある
『子供の意思』確認のための調査を実施することがある

う 『子供の意思』の調査結果×活用

調停委員が調査結果を当事者に説明する
調停委員が当事者に,一定の合意に向けた説得をする

3 子供の意思の確認×迎合バイアス・リスク|同居親に気を遣う

両親が別居の状態になるとほぼ確実に問題になることがあります。
子供が『同居親』の影響を強く受けるという現象です。
大人が思う以上に強く『マインドコントロール』と言えるようなケースもあります。

<子供の意思の確認×迎合バイアス・リスク>

あ 環境適応現象=バイアス

子供は『近くに居る親=同居親』に気を遣う傾向が強い
→『別居親』に会いたくないというコメントをする

い 虚偽コメント可能性

子供が別居親に対する否定的コメントをした場合
→本心ではない,という可能性が十分にある

実際の『子供の意思』調査においては,この前提をしっかり理解する必要があります。

4 調停・審判|『子供の意思』の確認方法|調査官

調停・審判で『子供の意思』を調査する方法についてまとめます。

<調停・審判|『子供の意思』の確認方法|調査官>

あ 一般的な確認方法

『家庭裁判所調査官』が子供に会ってヒアリングを行う
調査官が子供と直接会って話し(おしゃべり)をする

い 家庭裁判所の調査官

次のような一定のスキルを有する者であることが多い
ア 臨床心理士の資格を持った方
イ 社会福祉学・心理学を学んだ方

う 判断方法

子供の態度,表情,前後の会話内容を観察する
→子供の精神状態・子供の真意を汲み取る

え よくある誤解

単純に『気持ちを質問』するわけではない
質問しない例;『お父さんとお母さん,どっちと暮らしたい?』

このように調査においては専門的な知識をもって気持ちの分析を行います。
そうは言っても,表情・態度から真意を100%正確に特定することはできません。
調査方法や調査官の個性による『ブレ・違い』があることは事実です。
逆に言えば調停・審判での主張・要請1つで結果に違いが生じることもあると言えます。

5 『子供の意思』調査×精神テスト|『同居親』の影響

『子供の意思』の調査で重要なのは『同居親』の影響です(前述)。
当然,子供が同居親に迎合する傾向を前提として真意を把握することになります。
具体的には,一定の『精神テスト』を織り込むことがあります。
『精神鑑定』と言われる本格的なものを実施することはあまりありません。

<『子供の意思』調査×精神テスト|『同居親』の影響>

あ 環境適応現象

子供は同居親に有利な態度を装う傾向が強い(前述)

い 子供の真意の分析方法|原則

調査官が話し(おしゃべり)をする方法

う 子供の真意の分析方法|精神テスト

同居親の影響を受けていると疑われる場合
→精神の分析的な手法を取る
例;絵を描く・箱庭遊びなど

え 分析方法の選択

実務的には,当事者(両方の親)が,調査方法の要望を主張する
実際には『自分の子供が精神テスト』を受けることを躊躇することも多い
当事者(親)が精神面の調査を望まない場合
→裁判所が自主的に精神テストを実施することは通常あり得ない

実際に『同居親の影響』が表面化・発覚するケースも多いです。
詳しくはこちら|試行的面会交流|子供の意思×調査場所|同居親の誘導を見ぬいた判例

6 『子供の意思』調査|原則的に親の立会なし

具体的な『子供の意思』の調査で『親の立会』をするかどうかが問題となります。

<『子供の意思』調査|親の立会>

通常,両方の親,その他の家族などの立会は排除する
当事者の希望その他の事情によって親が関与する場合もある(後述)
立ち会う場合は『試行的面会交流』として実施することが多い
詳しくはこちら|試行的面会交流|子供の意思×調査場所|同居親の誘導を見ぬいた判例

当事者の希望や具体的状況によって『立会の有無』はどちらもあります。

7 『子供の意思』調査×別居親の立会|ショック現象

子供の意思の調査に『別居親』が立ち会う場合の注意点をまとめます。

<『子供の意思』調査×別居親の立会|ショック現象>

あ 調査官調査の場面×典型例

子供が『別居親』について否定的なコメントをする傾向がある
別居親がこの状況を目の当たりにする

い 別居親の心情

激しいショックを受ける
同時に『同居親によるマインドコントロール』を確信することになる

う 調査官の判断

調査官が『同居親の影響を受けている』と判断するとは限らない

え 調査に立ち会うことの効果

理論的・実質的に審理上プラスになることはない
ただし,長期間子供の姿を見ていないケースの場合
→子供の姿を見られること自体で感激・安心するという効果はある

本記事では,子供が関連する家庭裁判所の手続における子供の意思(気持ち)の聴取の手続について説明しました。
実際には,個別的な事情によって,この説明とは異なる具体的な手続が用いられることがあります。
実際にお子様についての問題に直面されている方は,本記事の内容だけで判断せず,弁護士の法律相談をご利用くださることをお勧めします。