1 『子供の意思』調査×実施場所|裁判所・別居親が引き取るなど
2 『子供の意思』調査|『試行的面会交流』|基本
3 試行的面会交流|抑圧リリース事例
4 試行的面会交流|サプライズオムツ事例
5 子供の葛藤→母親の誘導を見ぬいた→親権を奪った|判例

1 『子供の意思』調査×実施場所|裁判所・別居親が引き取るなど

家裁の調停・審判で『子供の意思』の調査が行われることがあります。
家裁の調査官が子供に面会する方法が取られます。
詳しくはこちら|家庭裁判所の手続では調査官が子供の気持ちを聴取する(親権者・監護権者・面会交流)
面会する『場所』にはバリエーションがあります。

<『子供の意思』調査×実施場所>

あ 面会実施場所のバリエーション

次のいずれかor複数を組み合わせる
ア 家庭裁判所に子供・引き取っている方の親に来てもらう
イ 調査官が引き取っている親の居所に行く
ウ 子供を一時的にもう一方の親の居所に連れて行き,そこに調査官も行く
目的=両方の環境の中にいる状態の子供の様子を観察する

い 実施場所の判断要素

次のような事情から実施場所を柔軟に判断・対応する
ア 子供の年齢・状況
イ 両方の親の状況
住所・時間的余裕など

2 『子供の意思』調査|『試行的面会交流』|基本

調査官による子供の調査に『親が立ち会う』方法が取られることもあります。
詳しくはこちら|家庭裁判所の手続では調査官が子供の気持ちを聴取する(親権者・監護権者・面会交流)
『試行的面会交流』と呼ばれる方法です。

<『子供の意思』調査|『試行的面会交流』|基本>

あ 面会交流

家裁内のプレイルームに,別居親と子供の2人だけが入る
2人で玩具などで遊ぶ

い 観察・調査・立会

調査官・同居親が次の方法でこの状況を見る
ア マジックミラー越しに見る
イ キャメラで撮影+別室のモニターで見る

う 想定外の効果|例

ア 子供の真意が発覚する
イ 親の気持ちが動く→和解(調停)成立に至る
具体的な状況・事例は後述する

試行的面会交流では『想定外の効果』が生じることがあるのです。
その具体例を次に紹介します。

3 試行的面会交流|抑圧リリース事例

『子供が同居親に迎合していた』ことが発覚したケースです。

<試行的面会交流|抑圧リリース事例>

あ 事案

子供=3歳の女児
父が同居していた
事前に女児は『お母さんと会うのはちょっとイヤ』と表明していた

い 試行的面会交流|抑圧リリース現象

母と会ったとたんに『会いたかった』と大泣きした
最後まで母親と離れようとしなかった
父がこれを見ていた→『断念』した

う 調停成立

調停内容=『監護権者を母親に指定する』

4 試行的面会交流|サプライズオムツ事例

試行的面会交流で『両親の気持ちの変化』が生じたケースです。

<試行的面会交流|サプライズオムツ事例>

あ 事案

子供=3歳男児
母が同居していた

い 試行的面会交流|サプライズオムツ

母が予告なしにオムツを準備していた
父がスムーズにオムツ替えを遂行・完了した
母がこれを見て安心した

う 調停成立

調停内容=『定期的に面会交流を行う』

5 子供の葛藤→母親の誘導を見ぬいた→親権を奪った|判例

『子供の言動』をしっかりと判断した具体的事案を参考として紹介します。

<子供の葛藤→母親の誘導を見ぬいた|判例>

あ 『試行的面会交流』後の事実認定

試行的面会交流として父親と子供がプレイルームで玩具を使って遊んだ
その後,母親が子供に『(マジックミラーで)ママ見てたよ』と言った
そのため,子供は1回目の交流に強い罪悪感を抱いた
そして『母親に対する忠誠心を示すため』に,父親に対する拒否感を強めた
2回めの面会交流は子供が拒否した

い 裁判所の判断

面会を実施できない主な原因は母親にある
子供を『葛藤状態から解放』すべき
→親権者を父親に変更する
※福岡家裁平成26年12月4日

詳しくはこちら|親権者・監護権者の『変更』|初回の指定・判断よりハードルが高い

このように裁判官が『子供の中の大人の部分をしっかりと見抜く』こともよくあります。
逆に言えば,当事者としては,このような判例・実例を十分に主張することが重要です。
『裁判所が真相を見抜く』ことをサポート・ガイドしなくてはなりません。