1 不倫の慰謝料請求
2 不貞男性×慰謝料|同棲→解消→同棲→500万円
3 不貞男性×慰謝料|外泊2回で夫婦破綻→200万円
4 不貞男性×慰謝料|双方に責任あり→150万円
5 不貞男性×慰謝料|すでに破綻気味→100万円
6 不貞女性×慰謝料|不貞関係20年→300万円
7 不貞女性×慰謝料|定番・職場内不倫→200万円
8 不貞女性×慰謝料|同棲+離婚の危機→150万円
9 不貞女性×慰謝料|夫婦の同居は維持→100万円
10 不貞女性×慰謝料|職場の部下女性+夫婦修復→50万円

1 不倫の慰謝料請求

不倫(不貞相手)は違法ですので,通常,慰謝料請求が認められます。
詳しくはこちら|不貞相手の慰謝料|理論|責任制限説|破綻後・既婚と知らない→責任なし
ごく平均的な不倫の慰謝料の相場は200〜300万円程度です。
詳しくはこちら|不倫相手の慰謝料の相場は200〜300万円(減額される事情もある)
しかし,当然,個別的事情によって慰謝料の金額は大きく変わってきます。
本記事では,実際のケースについて裁判所が慰謝料の金額を判断した裁判例を紹介します。

2 不貞男性×慰謝料|同棲→解消→同棲→500万円

<不貞男性×慰謝料|同棲→解消→同棲→500万円>

あ 慰謝料額
請求額 認容額
500万円 500万円
い 事案概要

不貞行為=妻と婚外男性
一時同棲していた→解消→再度同棲開始
妊娠もあった
不貞男性が勤務先に不倫を告知した
※浦和地裁昭和60年12月25日

請求額を上げておけば500万円よりも上の金額が認容された可能性があります。
弁護士の訴額設定が妥当ではなかったと思われます。
他の後記事例では『マージン』が取られています。
つまり,いずれも認容額よりも大幅に大きい請求額が設定されています。
この背景には,この『処分権主義による上限』による『抑制現象』を回避する目的もあるのです。
詳しくはこちら|不倫の当事者以外が関与する責任(子供からの慰謝料請求・不適切なアドバイス・代理人弁護士)

3 不貞男性×慰謝料|外泊2回で夫婦破綻→200万円

<不貞男性×慰謝料|外泊2回で夫婦破綻→200万円>

あ 慰謝料額
請求額 認容額
700万円 200万円
い 事案概要

不貞行為=妻と婚外男性
外泊を伴う不貞行為が2回あった
夫婦関係は破綻し,修復の目処が立っていない

う 法解釈論

『制限説』を採用した
詳しくはこちら|不貞相手の責任|見解|4つの学説・判例・実務
※東京高裁昭和60年11月20日

4 不貞男性×慰謝料|双方に責任あり→150万円

<不貞男性×慰謝料|双方に責任あり→150万円>

あ 慰謝料額
請求額 認容額
1000万円 150万円
い 事案概要

不貞行為=妻と婚外男性
不貞期間が長期であった
不貞開始前は破綻していなかった
→不貞開始後に破綻した
妻の責任も大きかった
※東京地裁平成10年5月29日

5 不貞男性×慰謝料|すでに破綻気味→100万円

<不貞男性×慰謝料|すでに破綻気味→100万円>

あ 慰謝料額
請求額 認容額
800万円+弁護士費用147万円 100万円+弁護士費用10万円
い 事案概要

不貞行為=妻と婚外男性
妻はスナック勤務であった
妻が積極的であった
不貞は『夫婦同然の暮らし』に至っていた
妻は夫への不満を持っていた
※東京地裁平成10年7月31日

6 不貞女性×慰謝料|不貞関係20年→300万円

<不貞女性×慰謝料|不貞関係20年→300万円>

あ 慰謝料額
請求額 認容額
1200万円 300万円
い 事案概要

不貞行為=夫と婚外女性
公立学校の教員同士の不貞
関係期間が約20年であった
※大阪地裁平成11年3月31日

7 不貞女性×慰謝料|定番・職場内不倫→200万円

<不貞女性×慰謝料|定番・職場内不倫→200万円>

あ 慰謝料額
請求額 認容額
2000万円+弁護士費用200万円 200万円+弁護士費用20万円
い 事案概要

不貞行為=夫と婚外女性
不貞行為者は職場の同僚同士であった
不貞の2人は『再婚した夫婦』のようにふるまっていた
※東京高裁平成10年12月21日

8 不貞女性×慰謝料|同棲+離婚の危機→150万円

<不貞女性×慰謝料|同棲+離婚の危機→150万円>

あ 慰謝料額
請求額 認容額
1000万円 150万円
い 事案概要

不貞行為=夫と婚外女性
不貞関係の2人は同棲している
夫婦は離婚の危機に瀕している
※横浜地裁昭和61年12月25日

9 不貞女性×慰謝料|夫婦の同居は維持→100万円

<不貞女性×慰謝料|夫婦の同居は維持→100万円>

あ 慰謝料額
請求額 認容額
1000万円 100万円
い 事案概要

不貞行為=夫と婚外女性
情交関係は2年以上継続していた
夫婦の同居は維持されていた
※名古屋地裁平成3年8月9日

10 不貞女性×慰謝料|職場の部下女性+夫婦修復→50万円

<不貞女性×慰謝料|職場の部下女性+夫婦修復→50万円>

あ 慰謝料額
請求額 認容額
500万円 50万円
い 事案概要

不貞行為=夫と婚外女性
夫=上司,不貞女性=部下という関係であった
提訴後,夫婦関係は修復した
※東京地裁平成4年12月10日

本記事では,不倫の慰謝料請求についての実際のケースの裁判例を紹介しました。
これらの裁判例から分かるように,細かい個別的な事情によって慰謝料の金額は大きく違ってきます。
また,事情によっては慰謝料請求自体が認められないこともあります。
詳しくはこちら|既婚男性の交際(不倫)相手と妻の両方が慰謝料を請求した裁判例(集約)
また,事情によっては,不倫をした相手からの慰謝料請求が認められるという逆転の状態になることもあります。
詳しくはこちら|既婚と知って交際した者からの慰謝料請求は事情によって認められる
いずれにしても,実際の裁判での主張の組み立てや立証のやり方次第で結論が変わるということです。
実際に不倫の問題に直面されている方は,本記事の内容だけで判断せず,弁護士の法律相談をご利用くださることをお勧めします。