1 養育費・婚姻費用と破綻の有責性との関係
2 有責の意味(前提)
3 養育費の請求と親の有責性との関係
4 婚姻費用の請求と親の有責性との関係

1 養育費・婚姻費用と破綻の有責性との関係

別居中の夫婦や離婚後の元夫婦の間で婚姻費用分担金や養育費の支払が行われます。
詳しくはこちら|養育費・婚姻費用の請求の全体像(家裁の手続や管轄・金額計算・始期と終期)
ところで,別居や離婚に至った原因にはいろいろなものがあります。その原因が夫婦の一方の不倫(不貞行為)であった場合には養育費や婚姻費用の請求にどのような影響があるか,という問題があります。
本記事では,夫婦の一方の有責性と養育費・婚姻費用との関係について説明します。

2 有責の意味(前提)

最初に,大前提となる,有責の意味を押さえておきます。婚姻関係を破綻させた原因を作ったという意味です。主に不貞行為(不倫)のことです。

<有責の意味(前提)>

有責とは,婚姻関係破綻の原因を作出したという意味である
典型例=不貞行為
詳しくはこちら|有責配偶者からの離婚請求を認める判断基準(3つの要件)

不貞行為などの有責といえる行為は,それだけで離婚原因となる,とか慰謝料が発生するなどの法的な扱いがあります。
それとは別に,養育費や婚姻費用の請求にも影響があるかどうかを以下説明します。

3 養育費の請求と親の有責性との関係

養育費の中身は,(元夫婦の)子供の生活費(扶養義務)です。両親の間の事情が子供の生活の保護を害することになったとしたら不合理です。
そこで,両親の一方の有責性は養育費の請求に影響しません。

<養育費の請求と親の有責性との関係>

子は両親の有責性と無関係である
養育費は有責性による影響を受けない
※森公任編著『簡易算定表だけでは解決できない養育費・婚姻費用算定事例集』新日本法規出版2015年p169

4 婚姻費用の請求と親の有責性との関係

婚姻費用の中身は,配偶者と(いれば)子供の生活費(扶養義務)です。配偶者の生活費も含まれています。
婚姻費用をもらう側(権利者)に有責行為があった場合には,夫婦の協力義務を破った者が協力義務の履行を相手に求める状況といえます。そこで,(婚姻費用のうち配偶者の扶養部分)については請求を否定する考え方もあります。
しかし,有責行為の責任は慰謝料(損害賠償)として発生するので,これとは別に扶養請求をストップするというペナルティを与えるのは逆に,理論的に不公平となるともいえます。実務では,権利者の有責性は婚姻費用に影響しない方が原則といえます。
婚姻費用を払う側(義務者)に有責行為があった場合には,ペナルティとして婚姻費用を増額するという発想もあります。しかし,これも,本来的な法的責任(慰謝料・損害賠償)扶養義務の履行(婚姻費用)は別の性質のものですから,影響しないと考えられています。

<婚姻費用の請求と親の有責性との関係>

あ 権利者の有責性

権利者が有責である場合
自ら夫婦の扶助協力義務に違反しておきながら,相手方に扶助協力義務の履行を求めることは信義に反する
→権利者分の請求は信義則違反として認められないことがある
その場合でも子の養育費相当分は認められる
※森公任編著『簡易算定表だけでは解決できない養育費・婚姻費用算定事例集』新日本法規出版2015年p169,170

い 義務者の有責性

義務者が有責である場合
これを理由に婚姻費用分担義務が加重されることはない
一方,義務者が不定相手やその連れ子を事実上扶養していることを考慮することはない
※森公任編著『簡易算定表だけでは解決できない養育費・婚姻費用算定事例集』新日本法規出版2015年p170

本記事では,夫婦の一方の有責性が養育費や婚姻費用に影響するかどうかという問題について説明しました。
実際には,個別的な事情や主張・立証のやり方次第で結論は違ってきます。
実際に養育費や婚姻費用に関する問題に直面されている方は,みずほ中央法律事務所の弁護士による法律相談をご利用くださることをお勧めします。