1 家事事件の内容と利用できる手続の種類のまとめ
2 家事事件の種類×手続の種類|補足説明
3 家事手続|所要期間・目安=半年〜1年程度

1 家事事件の内容と利用できる手続の種類のまとめ

家事事件,つまり案件の種類によって利用できる手続が異なります。
詳しくはこちら|家事事件|手続|種類・基本|別表第1/2事件・一般/特殊調停対象事件
また,細かい制度の適用の有無も異なります。
これを全部ひとつにまとめました。

<家事事件の内容と利用できる手続の種類のまとめ>

大分類 審判対象事件 審判対象事件 訴訟対象事件 訴訟対象事件
中分類 別表第1事件 別表第2事件 一般調停対象事件 特殊調停対象事件
調停 ◯(※2)
調停前置
調停不成立→審判移行 ◯(※1)
審判 ◯(※2)
訴訟
不服申立方法 抗告 抗告 控訴,上告 控訴,上告

2 家事事件の種類×手続の種類|補足説明

上記の表の中での注意事項を次にまとめます。

<家事事件の種類×手続の種類|補足説明>

あ 不成立→審判移行(上記※1)

訴訟事件に伴う場合は例外となる
訴訟事件と一緒に不成立で終了となる
詳しくはこちら|審判移行|調停不成立後の訴訟提起|附帯事項・関連請求の併合

い 訴訟対象事件×調停(上記※2)

調停で合意成立時には『事実の調査+審判』として終了する

3 家事手続|所要期間・目安=半年〜1年程度

家事手続,つまり家庭裁判所の手続の所要時間の目安をまとめます。
当然ですが,個別的事情によって大きく異なる場合もあります。

<家事手続|所要期間・目安>

あ 所要期間|目安

家事調停や審判の手続の開始〜終了の期間
平均的な目安=半年~1年くらい

い 注意

家事調停や審判は,類型がいくつかある
事案ごとに特殊性がある
2~3か月で終了すること・1年を超えることもある
相手方の対応・財産内容の複雑さなどによって大きく変わる