1 家事事件|手続の種類=調停・審判・訴訟
2 家事調停|特徴=話し合いが中心
3 家事審判|特徴=ソフトな対審構造
4 家事訴訟|特徴=正式な対審構造
5 家事審判・対審構造|訴訟との比較
6 家事審判・訴訟×和解|統計上多い
7 家事手続|種類・分類

1 家事事件|手続の種類=調停・審判・訴訟

家庭に関する案件は家庭裁判所で扱います。
専門的には『家事事件』と呼びます。
家庭裁判所の手続は3つの種類があります。

<家事事件|手続の種類>

あ 手続の種類|全体

『家事事件』は家庭裁判所で扱う
手続の種類は3つある

い 手続の種類|内容

ア 調停
イ 審判
ウ 訴訟

う 手続の選択

事案の種類・類型によって利用できる手続の種類が異なる(後述)

2 家事調停|特徴=話し合いが中心

家事事件の手続のうち『調停』について,特徴をまとめます。

<家事調停|特徴>

あ 話し合いがメイン

調停委員を介した話し合いが行われる
当事者それぞれが事情や希望を調停委員に説明する
調停委員はそれぞれの当事者の利害を考える

い 裁判所は『決定』しない

当事者に解決案の提案を行う
裁判所・調停委員が解決内容を一方的に『決定』することはない

3 家事審判|特徴=ソフトな対審構造

家事事件の手続のうち『審判』について,特徴をまとめます。

<家事審判|特徴>

あ 対審構造

当事者が主張・証拠提出を行う
裁判所がこれに基いて判断する
最終的な判断を『審判』と言う
『対立構造』が取られている

い 裁判所の裁量

裁判所の判断で審理・決定を行う
訴訟よりも裁判所の裁量が大きい

う 和解勧告

裁判所が和解を提案し,和解で成立することも多い(後記)

4 家事訴訟|特徴=正式な対審構造

家事事件の手続のうち『訴訟』について,特徴をまとめます。

<家事訴訟|特徴>

あ 対審構造

審理を行う
最終判断として裁判所が『判決』を言い渡す

い 裁判所の裁量

家事審判に比べて『裁判所の裁量』は小さい
中立性が特に強い

う 裁判所の役割

当事者が提出した証拠の判断と法律の適用から結論を出す

え 和解勧告

裁判所からの和解勧告→和解成立,ということも多い(後記)

5 家事審判・対審構造|訴訟との比較

家事審判手続は,調停と異なり,一定の『対審構造』があります。
一方で,一般の訴訟よりは大幅に『対審構造が緩和』されています。
このような背景から具体的な規定として独特のものがあります。

<家事審判・対審構造|訴訟との比較>

あ 概要

家事審判は訴訟よりも対審構造が緩和されている

い 具体的内容

ア 『不成立』がない
イ 処分権主義が採用されていない
ウ 審判に既判力がない

詳しい内容については別記事で説明しています。
(別記事『家事審判・対審構造』;リンクは末尾に表示)

6 家事審判・訴訟×和解|統計上多い

家事審判・訴訟は『対審構造』です(上記)
裁判所が審理・判断する,という仕組みです。
本質的には審判や判決として裁判所が最終判断をくだします。
しかし,いずれも『和解』で終わることも多いです。
裁判所の和解勧告により,当事者が合意する,というものです。
実際の和解の割合・統計については別に説明しています。
詳しくはこちら|ご相談者へ;訴訟;判決/和解レシオ

7 家事手続|種類・分類

以上のように家事手続には3つの種類があります。
案件の種類によって利用できる手続が異なります。
利用できる手続は1つだけではなく複雑です。
これについては別に説明しています。
詳しくはこちら|家事事件の内容と利用できる手続の種類と所要期間の目安