1 データ消失事故|種類
2 データ消失事故×要因
3 データ消失×法的責任|種類・主要な要件
4 データ消失×法的責任|典型争点

1 データ消失事故|種類

デジタルデータが消失する事故が増えています。
当然,貴重なデータである場合は深刻な問題です。
法的責任が追及されます。
本記事ではデータ消失事故の法律問題の基本的事項を説明します。
まずは具体的な事故の種類を分類してみます。

<データ消失事故|種類>

あ オンライン

ア レンタルサーバー
イ クラウドサービス

い 端末・物理的機器

個人or事業用のパソコン・サーバー
正確には,これらに内蔵される次の記憶媒体
ア HDD=Hard Disk Drive
イ SSD=Solid State Drive

2 データ消失事故×要因

データ消失事故の『要因』を分類・整理します。

<データ消失事故×要因>

あ 作業中のミス|典型例

ファイルの『移動』作業において不具合が生じた
→具体的には,次の2つに該当する状態
ア 元のファイルの削除が実行された
イ 移動先への書き込みが失敗した

い 作業中のミス|要因の所在

一連の作業のフロー・マニュアル自体に『失敗の要因』がある

う ハードウェアの経年劣化

記憶媒体が経年により劣化した
→データの『読込』ができなくなった

このような要因は法的責任の判断に影響を与えます(後述)。

3 データ消失×法的責任|種類・主要な要件

データ消失事故では法的責任が生じることがあります。
まずは責任の種類と主要な要件を整理します。

<データ消失×法的責任|種類・主要な要件>

あ 不法行為による損害賠償請求

『故意or過失+違法性』が前提である

い 債務不履行による損害賠償請求

『過失』が前提である

4 データ消失×法的責任|典型争点

現実のデータ消失事故では法的責任の見解が対立することが多いです。
対立する典型的な事項をまとめます。

<データ消失×法的責任|典型争点>

あ 基本的事項

約款上の規定や認定で次の事項について見解が対立しやすい

い 約款・特約条項の有効性

消費者契約法・民法の規定により無効となることもある
次の事項について見解が対立しやすい
ア 合理性→公序良俗に反するか否か
イ 『消費者』の解釈論→消費者契約法の適用の有無

う 『重過失』の認定

具体的なミスについて重過失/軽過失の判断・見解が相違する

え 『損害』算定

賠償責任のある損害の範囲
金銭的評価・算定

約款・条項の有効性については別に説明しています。
(別記事『レンタルサーバー|約款に関する事項|典型例・有効性』;リンクは末尾に表示)
重過失や軽過失の認定については別に説明しています。
(別記事『データ消失事故×法的責任|過失・重過失の判断』;リンクは末尾に表示)
損害の算定については別に説明しています。
(別記事『データ消失事故×損害算定』;リンクは末尾に表示)