1 医科系の私立大学の『事業収入』の特殊性
2 東京慈恵医大の収支データ
3 医科系大学の事業収入の特殊性の要因・背景
4 医科系大学の事業収入|擬似市場経済→錯覚・依存に注意

私立大学運営についての問題を別記事で説明しています。
詳しくはこちら|私立大学の運営|資金調達ルート拡張の必要性・収益事業・擬似マーケット
私立大学運営,特に『事業収入の獲得』というテーマでは『医科系大学』は非常に特殊です。
本記事では『医科系の私立大学の事業収入』について,実例を踏まえて説明します。

1 医科系の私立大学の『事業収入』の特殊性

医科系の私立大学では『事業収入』が他の大学と比べて非常に特殊です。

<医科系の私立大学の特殊性>

あ 『収入』の特殊性

ア 事業収入の割合が高い=約90%
事業収入とは『診療報酬』のことである
イ 学生納付金の割合が低い=約3%
金額の絶対値は高い
《初年度納付金》

医学科学生 300万円以上
看護学科生徒 100万円以上
い 『高等教育の無償化』の夢

実現可能性が高い

2 東京慈恵医大の収支データ

具体例として東京慈恵医大の公表データのうち重要部分を挙げておきます。

<東京慈恵医大(学校法人慈恵大学)の収入|抜粋>

費目 割合
学生生徒納入金 約3%
寄附金 約1%
補助金 約7%
事業収入 約89%

※平成21年度『消費収支計算書』

3 医科系大学の事業収入の特殊性の要因・背景

医科系大学の事業収入は,非常に特殊な事情が重なっています。

<医科系大学の特殊性の背景>

あ 収支の背景

『病院経営』という特殊性の影響が大きい

い 病院経営の特殊性

『大学病院』は,大学の本体と『外部顧客へのサービス販売』が融合している
『外部顧客へのサービス販売』の規模が著しく大きい

う 『医療サービス』マーケットの特殊性

官製経済・擬似市場経済(market-like economy)
社会保険=公的財政に支えられている
供給者=医師の『絶対数』を政策で決定(制限)している

詳しくはこちら|公定価格=公認カルテル|信書・書籍・タクシー・医療サービス|士業は撤廃済

4 医科系大学の事業収入|擬似市場経済→錯覚・依存に注意

前述のように,医科系大学の事業収入は特殊性があります。
そこで,次のような注意点が指摘できます。

<擬似市場経済による錯覚に注意>

官製経済のなかで運営がうまく行っているだけで
市場経済のなかでマネジメントできているわけではない

<医科系大学のマネジメントの方向性>

あ 基本方針

『現在の事業収入だけ』に依存する状態を解消する
=疑似市場経済の中で『運営資金の多様化』を図る
→学生納入金収入への依存度を下げることが可能となる

い 現状

医科系の大学や学部が『授業料の値下げ競争』に走っている
※日本経済新聞平成25年3月7日朝刊『私大医科系,学生確保へ値下げ合戦』