1 一般的競売×担保権の処理|消除主義
2 形式的競売×担保権の処理|基本・不確定性
3 形式的競売×担保権の処理|2つの見解
4 形式的競売|消除/引受主義|判断権者
5 執行裁判所×担保権の処理の選択|概要

1 一般的競売×担保権の処理|消除主義

本記事では形式的競売における担保権の扱いを説明します。
この解釈論はとても複雑です。
そこで,原則的・基本的な理論を先に説明します。
『一般的な競売』における担保権の処理です。

<一般的競売×担保権の処理|消除主義>

あ 一般的競売|種類

担保権に基づく競売
一般債権者の差押による競売

い 目的

債権回収が目的である

う 担保権の処理

売却代金について
→担保権者への弁済・配当が優先して行われる
→担保権は消滅・抹消する
これを『消除主義』と呼ぶ
※民事執行法59条

当然のように担保権は消滅します。
次に形式的競売における処理について説明します。

2 形式的競売×担保権の処理|基本・不確定性

形式的競売においては担保権の扱いが複雑になります。
まずは基本的な部分だけをまとめます。

<形式的競売×担保権の処理|基本・不確定性>

あ 形式的競売|内容

共有物分割の分割類型『換価分割』において
競売手続で共有物を売却する
この競売は債権回収目的ではない
→『形式的競売』と呼ぶ

い 担保権の処理|条文・規定

『担保権の実行』を流用するとだけ規定する
担保権の処理については規定がない
※民事執行法195条

う 目的の特殊性

目的=『分けることができる財産に換える』こと
債権回収が目的ではない

え 解釈論|概論

担保権の扱いについて
→2つの見解がある(後記※1)
統一的見解はない

3 形式的競売×担保権の処理|2つの見解

形式的競売における担保権の処理は2つの方法があります。
まずは2つの見解の内容をまとめます。

<形式的競売×担保権の処理|2つの見解(※1)>

あ 消除主義

担保権者への配当を行う
担保権は消滅する
通常の競売と同じ方式である

い 引受主義

担保権者への配当を行わない
担保権は存続する
→買受人が担保権の負担の引き受ける

見解を選択・判断するプロセスについては次に説明します。

4 形式的競売|消除/引受主義|判断権者

消除主義・引受主義の選択をするプロセスをまとめます。

<形式的競売|消除/引受主義|判断権者>

あ 判決で指定する→否定

換価分割の判決において
裁判所は消除主義/引受主義の判断を行わない
判決の中で指定することはない

い 執行裁判所が判断する→肯定

執行裁判所が独自に判断をする
執行裁判所に裁量がある
※東京高裁昭和61年3月24日

5 執行裁判所×担保権の処理の選択|概要

形式的競売は,事前の判決とは別の手続です。
つまり『共有物分割訴訟』と『競売』は別の手続なのです。
共有物分割訴訟の判決を裁判所の別の部署に提出します。
東京地裁であれば執行センターに競売の申立をするのです。
この場合,執行センターの担当部が担保権の処理方法を決めるのです。
執行裁判所の担保権処理の判断については別に説明しています。
詳しくはこちら|形式的競売×担保権の処理|消除/引受主義・執行裁判所の判断