信託が終了すると,信託財産はどこに戻るのでしょうか。

1 信託終了時の信託財産の行方を信託で設定しておける
2 信託で残余財産の帰属先を決めていなかった場合は,委託者に帰属する
3 委託者が存在しない場合は,清算受託者に残余財産が帰属する
4 残余財産の帰属先のまとめ

1 信託終了時の信託財産の行方を信託で設定しておける

信託の特徴は,当事者が自由自在にコントロールできるというところにあります。
信託が終了した時の,信託財産を誰が承継するか,を設定しておけるのです(信託法182条1項)。
信託が終了する時点の信託財産のことを残余財産と呼ぶこともあります。

信託契約で残余財産の帰属先として規定した者は次のように呼ばれます。

<信託における残余財産の帰属先の呼称>

あ 『残余財産受益者』

受益者を帰属先とした場合です。
※信託法182条1項1号

い 『帰属権利者』

受益者以外の者を帰属先とした場合です。
※信託法182条1項2号

2 信託で残余財産の帰属先を決めていなかった場合は,委託者に帰属する

信託行為で残余財産の帰属先が指定されていない場合は,信託法上の規定が適用されます。

<残余財産帰属先の指定がない場合のルール>

残余財産帰属先として,委託者またはその相続人が指定したものとみなす
※信託法182条2項

3 委託者が存在しない場合は,清算受託者に残余財産が帰属する

残余財産帰属先が指定しておらず,かつ,信託の終了時に委託者が存在しないということもあります。
この場合は,清算受託者に帰属する,とされています(信託法182条3号)。
受託者は,信託終了時に,信託財産の清算を行います。
その意味で『清算受託者』と呼ばれます。

4 残余財産の帰属先のまとめ

信託終了時の残余財産の帰属をまとめます。
優先順序で並べると残余財産の帰属先は次のようになります。

<信託終了時の残余財産の帰属先の優先順序>

ア 信託契約(信託行為)で規定した者
イ 委託者(その相続人)
ウ 清算受託者

条文

[信託法]
(残余財産の帰属)
第百八十二条  残余財産は、次に掲げる者に帰属する。
一  信託行為において残余財産の給付を内容とする受益債権に係る受益者(次項において「残余財産受益者」という。)となるべき者として指定された者
二  信託行為において残余財産の帰属すべき者(以下この節において「帰属権利者」という。)となるべき者として指定された者
2  信託行為に残余財産受益者若しくは帰属権利者(以下この項において「残余財産受益者等」と総称する。)の指定に関する定めがない場合又は信託行為の定めにより残余財産受益者等として指定を受けた者のすべてがその権利を放棄した場合には、信託行為に委託者又はその相続人その他の一般承継人を帰属権利者として指定する旨の定めがあったものとみなす。
3  前二項の規定により残余財産の帰属が定まらないときは、残余財産は、清算受託者に帰属する。