1 後見人|選任基準=条文上は明確な基準がない
2 後見人|選定プロセス|推薦・意向照会など
3 保佐・補助|選定プロセス|本人の意向が尊重される
4 後見開始審判×意向照会|内容
5 後見開始審判×意向照会|対象者

1 後見人|選任基準=条文上は明確な基準がない

後見人の選任手続は家裁が行います。
『後見人の人選』も含めて,家裁が判断します。

<後見人|選任基準>

ア 利益相反
イ 『その他一切の事情』
※民法843条4項

条文上は明確な『人選』の基準はありません。

2 後見人|選定プロセス|推薦・意向照会など

家裁が後見人を選任するプロセスをまとめます。

<後見人|選定プロセス>

あ 申立人の『推薦』

後見人選任(後見開始審判)の申立書提出段階
→申立人が『後見人推薦者』を記載することができる
裁判所が無条件に『推薦者』を指定するわけではない

い 関係者への『意向照会』

裁判所が関係者に書面を送付する
関係者が『意向』を記載して返送する

う 対立がある場合

関係者間で対立があるような場合
→『推薦者』の選任を避ける傾向が強い
→中立な立場の人を選任する

え 中立な立場の者

裁判所には,専門家の後見人就任希望者リストがある
例;弁護士・司法書士

3 保佐・補助|選定プロセス|本人の意向が尊重される

保佐・補助の選任プロセス自体は,後見人選任と同様です。
しかし,本人の意向が尊重・重視されるという傾向があります。

<保佐・補助|選定プロセス>

あ 基本事項

基本的な扱いは後見人と同様である(上記)

い 本人の意向尊重

保佐・補助相当の本人は,意思能力がそれほど低くはない
→『本人の意向』が尊重される
※民法876条の2第2項,876条の7第2項

4 後見開始審判×意向照会|内容

後見人を選任するのは後見開始の審判です。
この手続の中では『意向照会』が行われることが多いです。

<後見開始審判×意向照会|内容>

次のような事項についての意見を尋ねる
ア 後見人を選任すること
イ 後見人を誰にするか

5 後見開始審判×意向照会|対象者

家裁が意向照会を行う対象者についてまとめます。

<後見開始審判×意向照会|対象者>

あ 対象者

ア 本人(被後見人)の推定相続人
イ 本人と同居している者
ウ 本人の財産を管理している者
エ 精神保健福祉法上の保護者

い 除外される者

次のいずれにも該当する者
ア 扶養義務の関係がない
イ 本人との生活関係が希薄である

原則的な対象者は決まっていますが,例外も多いです。

条文

[民法]
(成年後見人の選任)
第八百四十三条  家庭裁判所は、後見開始の審判をするときは、職権で、成年後見人を選任する。
2  成年後見人が欠けたときは、家庭裁判所は、成年被後見人若しくはその親族その他の利害関係人の請求により又は職権で、成年後見人を選任する。
3  成年後見人が選任されている場合においても、家庭裁判所は、必要があると認めるときは、前項に規定する者若しくは成年後見人の請求により又は職権で、更に成年後見人を選任することができる。
4  成年後見人を選任するには、成年被後見人の心身の状態並びに生活及び財産の状況、成年後見人となる者の職業及び経歴並びに成年被後見人との利害関係の有無(成年後見人となる者が法人であるときは、その事業の種類及び内容並びにその法人及びその代表者と成年被後見人との利害関係の有無)、成年被後見人の意見その他一切の事情を考慮しなければならない。

(保佐人及び臨時保佐人の選任等)
第八百七十六条の二  家庭裁判所は、保佐開始の審判をするときは、職権で、保佐人を選任する。
2  第八百四十三条第二項から第四項まで及び第八百四十四条から第八百四十七条までの規定は、保佐人について準用する。
3  保佐人又はその代表する者と被保佐人との利益が相反する行為については、保佐人は、臨時保佐人の選任を家庭裁判所に請求しなければならない。ただし、保佐監督人がある場合は、この限りでない。

(補助人及び臨時補助人の選任等)
第八百七十六条の七  家庭裁判所は、補助開始の審判をするときは、職権で、補助人を選任する。
2  第八百四十三条第二項から第四項まで及び第八百四十四条から第八百四十七条までの規定は、補助人について準用する。
3  補助人又はその代表する者と被補助人との利益が相反する行為については、補助人は、臨時補助人の選任を家庭裁判所に請求しなければならない。ただし、補助監督人がある場合は、この限りでない。