1 重婚的内縁関係への法律婚の規定の適用の有無
2 重婚的内縁の具体例
3 重婚的内縁関係における規定の適用の有無

1 重婚的内縁関係への法律婚の規定の適用の有無

内縁の関係が認められると,基本的には法律婚に準じた扱いとなります。
詳しくはこちら|内縁関係に適用される制度と適用されない制度(法律婚の優遇)
内縁の関係が重婚のような状況である場合は,法秩序に反するので保護しないという方向性となります。
つまり,法律婚の規定を適用しないという意味です。
とはいっても,内容によっては適用される法律婚の規定もあります。
本記事では,重婚的な内縁関係の法的な扱いを説明します。

2 重婚的内縁の具体例

まず最初に,内縁関係が重婚的となるという意味を説明します。
ちょっと複雑なので,具体例としてまとめます。

<重婚的内縁の具体例>

あ 具体的状況

男性Aと女性Bは結婚(婚姻=法律婚)している
AとBは,長年別居して連絡も取っていない状態である
Aと女性Cは,事実上夫婦のように同居して暮らしている

い 重婚的な関係

AとCは内縁に相当する関係である
しかしAとCの法律婚と重複する(重婚の状態である)

3 重婚的内縁関係における規定の適用の有無

重婚的な内縁関係に適用される規定と適用されない規定があります。
大雑把にいうと,関係を解消する方向性の規定だけが適用されるのです。

<重婚的内縁関係における規定の適用の有無>

あ 法律婚の規定の適用(全体)

重婚的内縁関係(AとC)の場合
→法律婚の規定のうち適用されるもの(い)と適用されないもの(う)がある

い 重婚的内縁にも適用される規定

法律婚の規定のうち関係を解消する方向の規定について
→重婚的内縁関係にも類推適用される
例=財産分与
※高松高裁松江支部昭和40年11月15日

う 重婚的内縁には適用されない規定

法律婚の規定のうち関係を維持する方向の規定について
→重婚的内縁関係には適用されない
例=同居義務,離婚原因
つまり,一方の意思のみにより関係の解消ができることになる

本記事では,重婚的な内縁関係に適用される法律婚の規定と適用されない規定について説明しました。
実際には,個別的な事情によって解釈や判断は変わってくることがよくあります。
実際に重婚的な内縁関係に関する問題に直面されている方は,みずほ中央法律事務所の弁護士による法律相談をご利用くださることをお勧めします。