1 みずほ中央ではサイエンスを応援しています
2 みずほ中央はテクノロジーの進歩に関わる事業を応援しています

1 みずほ中央ではサイエンスを応援しています

科学・技術の進歩によって,現代まで,継続的に社会が発展してきたことは言うまでもありません。
科学・技術は,使い方1つによって,『有用』にも『有害』にもなります。
有用な使い方とは,『短期・長期に,社会に便益を提供し,一方で関係者に損害を与えない(損害の回避)』というものです。
損害の回避については,『リスクの管理』であり,科学的・技術的マターであると同時に,多分に法律の適用の場面です。

また,現実の事業の場面,特に開発段階では,『各種の規制のクリア』が大きなハードルになることも多いです。
法的調査,事務的な手続き等,一定のリソースを必要とするプロセスです。

さらに,商品化(ビジネスモデル設定)の段階では,サイエンスとは関係なく,事業一般として,法的な潜在リスク,偶発債務への配慮が非常に重要です。
これが欠けると,事業の継続自体に影響を及ぼすこともあります。

革新的な進歩のためには,人的リソース,精神的エネルギーを研究・開発に集中投下することが必要です。
研究の基本的な,仮説定立(発想)→(再現性)検証,というプロセスでは,高度の集中,専念が重要です。
その一方,以上のように,科学・技術の開発の周辺には,法的な業務が少なくありません。
みずほ中央グループとしては,周辺部分の法的な業務を引き受け,研究プロセスを充実させていただけることがやり甲斐であると考えています。

みずほ中央グループとしては,サイエンス関連事業の法律マターを引き受け,また,関係者個人の法律問題もカヴァーすることに使命感を持っております。

2 みずほ中央はテクノロジーの進歩に関わる事業を応援しています

多くの方・企業がサイエンス・テクノロジーの開発に取り組んでいらっしゃいます。
みずほ中央では,新しいテクノロジーが多くの方に使われることを望ましいと思っています。
その具体例として,次のような事業に関して積極的にお手伝いをしています。

みずほ中央では,以上のような事業に関わる個人,法人の顧問弁護士などとして積極的にサポートさせていただいております。
テクノロジーの興隆,サイエンスの発展→人々の暮らしの向上につながる,ということを期待しています。

※具体的なサポート内容(特別配慮)は,個別的に考慮させていただきます。