1 性別と名の整合性のための変更の許可基準
2 性別の誤認と名の変更許可
3 性別の誤認→戸籍上の性別・名の変更許可
4 性別の誤認→名の訂正(公的見解)

1 性別と名の整合性のための変更の許可基準

名の変更の実質的な理由にはいろいろなものがあります。
詳しくはこちら|名の変更許可制度の基本(規定・趣旨・現実的理由)
その1つに,性別と名の整合性を目的とするものがあります。
さまざまな背景で性別と名がマッチしないケースでは,名の変更が許可される傾向があります。

<性別と名の整合性のための変更の許可基準>

あ 戸籍名と性別の不整合

『ア・イ』のような場合
→戸籍名が真の性別にそぐわなくなることがある
ア 出生届の際の性別に関する錯誤(後記※1)
イ 性別の変遷
例;性転換・性別変更など
詳しくはこちら|性同一性障害→家裁の審判で『性別変更』|戸籍上『夫』『父』になれる

い 名の変更許可の傾向

戸籍名が真の性別にそぐわない場合
適切な名への変更は本人の将来のためになる
→変更を許可すべきである
※斎藤秀夫ほか『注解 家事審判規則(特別家事審判規則)改訂』青林書院1994年p516

2 性別の誤認と名の変更許可

性別の誤認による出生届があったことを前提に,名の変更を許可する公的見解を紹介します。

<性別の誤認と名の変更許可(※1)>

あ 事案

女として出生の届出をした
出生後6年目に男であることが判明した

い 協議会の判断

性の判別に混同を生じる
社会に支障がある
→名の変更の正当事由になる
※昭和27年3月20日大阪高裁管内家事審判官協議会協議結果

3 性別の誤認→戸籍上の性別・名の変更許可

珍しいケースですが,出生届の時点で性別を誤認してしまうこともあります。
このような実例において,裁判所は名の変更を許可しました。

<性別の誤認→戸籍上の性別・名の変更許可>

あ 性別の誤認

Aが出生した
外性器が女性を示していた
女性としての出生届が提出された
Aは男性仮性半陰陽(え)であった
実際にはAは男性であった

い 戸籍の性別変更

戸籍上女性から男性に変更する許可審判がなされた
当時は『私生子女』から『私生子男』への訂正であった
※戸籍法113条

う 名の変更

女性にふさわしい名への変更の申立がなされた
裁判所は変更を許可した
※福岡家裁昭和33年8月21日

え 男性仮性半陰陽(参考)

染色体が男性で、外性器が女性を示すもの
先天異常の1つである

4 性別の誤認→名の訂正(公的見解)

出生児の性別の誤認のケースでは名の変更が認められます(前記)。
これとは別に,名の訂正が認められるという見解もあります。

<性別の誤認→名の訂正(公的見解)>

あ 事案

出生証明書の性別欄が『女児』であった
次の内容の出生届が提出された
父母との続柄=『長女』
名=『ゆり子』
戸籍に記載された
その後,その子は男児であることが判明した

い 協議結果

出生証明書の誤記である
戸籍上の続柄と名の記載の修正について
→戸籍の訂正として行うことができる

う 訂正許可の条件

届出に誤記したことを証拠によって明らかにする
例;男子であることが明らかなへその緒など

え 訂正の対象外

『女児だと思って女児の名を付けた』場合
訂正の対象ではない
=名の変更の対象である
※昭和43年6月20日第19回大阪戸籍事務研究会協議結果

名の訂正変更の違いなどについては,別の記事で説明しています。
詳しくはこちら|戸籍『訂正』の手続と名の『訂正』の問題点(基本)