1 名の変更の条文規定と要件
2 名の変更の制度趣旨
3 名の変更の現実的理由の分類
4 名の変更の一般的・抽象的な基準(概要)
5 違法な命名と名の変更許可(概要)

1 名の変更の条文規定と要件

本記事では『名』つまりファーストネームについての『変更』の手続について説明します。
まず,条文上,家庭裁判所の許可が必要と規定されています。
そして,家庭裁判所が許可するためには『正当な事由』が必要という内容が規定されています。

<名の変更の条文規定と要件>

あ 条文規定(引用)

正当な事由によつて名を変更しようとする者は,家庭裁判所の許可を得て,その旨を届け出なければならない。
※戸籍法107条の2

い 裁判所の許可の要件

名を変更することについての『正当な事由』

う 氏の変更との比較(参考)

氏の変更の要件は『やむを得ない事由』である
※戸籍法107条1項
→名の変更よりも厳しい基準である
※斎藤秀夫ほか『注解 家事審判規則(特別家事審判規則)改訂』青林書院1994年p508

2 名の変更の制度趣旨

名の変更の制度としての目的は,名の機能やその他の支障を解消することです。
背景には,名を本人が決めたわけではないという事情があります。

<名の変更の制度趣旨>

あ 名の変更の意義や機能

名を変更することにより『ア・イ』を実現できる
ア 個人の同一性識別の回復
イ 社会生活上の支障の除去

い 名の変更の許容性

命名が本人以外の意思・判断で行われた
→本人の意思に沿う名への変更を肯定する理由となる
※斎藤秀夫ほか『注解 家事審判規則(特別家事審判規則)改訂』青林書院1994年p516

3 名の変更の現実的理由の分類

実際に名を変更しようと思う動機・理由にはいろいろなものがあります。
多くの理由を分類します。

<名の変更の現実的理由の分類>

あ 永年使用

通用・通称名とも呼ぶ
他の事情により永年使用に至ることが多い

い 同姓同名
う 宗教名
え 珍奇・難解

『悪名』ともいえる

お 襲名
か 主観的感情
き 姓名判断
く 性別変更
け 前科の清算

※斎藤秀夫ほか『注解 家事審判規則(特別家事審判規則)改訂』青林書院1994年p510〜516
※高梨公之『家族法と戸籍の諸問題 戸籍時報100号記念』日本加除出版1966年p7〜;3項目の分類

実際には『永年使用(通称)』と他の分類が組み合わさるということが多いです。
詳しくはこちら|通称への名の変更の実務的傾向と実質的な趣旨

4 名の変更の一般的・抽象的な基準(概要)

裁判所が名の変更を許可するには『正当事由』が必要です(前記)。
要するに,実質的な合理性を裁判所が判断するということです。
この判断については,裁判例やそれ以外の多くの見解があります。
これについては別の記事で説明しています。
詳しくはこちら|名の変更の一般的・抽象的な許可基準

5 違法な命名と名の変更許可(概要)

通常の名の変更とは,命名自体は適法であり,その後の事情・都合で名を変えるというものです。
以上の説明内容はこのようなものでした。
他方,違法な命名などのケースでは,当初から戸籍の名が不適切なものです。
そこで,形式的には戸籍の訂正手続が用いられるはずです。
しかし,実務では便宜的に変更手続が用いられることが多いです。
詳しくはこちら|戸籍『訂正』の手続と名の『訂正』の問題点(基本)