1 『個人情報』の定義|個人を識別できる・連結可能匿名化
2 個人情報|具体例|文字・映像・遺伝情報・個人の判断・評価
3 個人情報に該当しない例|法人・個人が識別できない

1 『個人情報』の定義|個人を識別できる・連結可能匿名化

個人情報保護法における『個人情報』の定義をまとめます。

<『個人情報』|定義>

あ 定義の基本部分

次のいずれにも該当する情報
ア 生存する個人に関する情報である
イ 特定の個人を識別することができる

い 情報の種類

事実・判断・評価などの種類に限定はない(後記)

う 『識別できる』の範囲|連結可能匿名化

次のいずれにも該当する情報→含まれる
ア 他の情報と容易に照合することができる
イ それにより特定の個人を識別することができる
※個人情報保護法2条1項

2 個人情報|具体例|文字・映像・遺伝情報・個人の判断・評価

個人情報に該当する情報の具体例をまとめます。

<個人情報|具体例>

あ 事実に関する情報|文字|典型例

ア 直接的に識別可能な情報
氏名・性別・生年月日・職業・家族関係など
イ 氏名との組み合わせにより識別可能な情報
・連絡先
例;住所・居所・電話番号・メールアドレス
・職場・会社における職位or所属に関する情報

い 事実に関する情報|映像|例

防犯カメラに記録された情報

う 事実に関する情報|テクノロジー|例

遺伝情報・ゲノム情報(後記)

え 個人の判断・評価

ア 雇用管理情報
会社が従業員を評価した情報を含む

3 個人情報に該当しない例|法人・個人が識別できない

『個人情報』に該当しない例をまとめます。

<個人情報に該当しない例>

あ 法人に関する情報;団体情報

例;企業の財務情報

い 個人の識別ができない情報|例

メールアドレス情報(単体)
・アドレスに氏名やその一部が含まれていない
・他の情報との照合による個人の識別が容易にはできない

う 匿名情報|例

統計情報
ただし個人の特定ができるものは個人情報に該当する