住宅ローン再生とはどのような手続きなのでしょうか。
民事再生において,住宅ローンだけ「減額しない」という優遇措置を取る方法です。
住宅を失わないで,それ以外の債務を減額させる画期的な方法です。

民事再生では,債権者の公平が徹底されています。
全部の債権者について,漏れなく,平等に減額されることになります。
例外もいくつかあります。
例外の中でも特に特徴的なものが住宅資金特別条項です。
住宅の購入・建築資金のために借り入れたお金については,優先扱いをする制度です。
簡単に言えば,住宅ローンについてだけは,それまでと同じように返済を続けます。
その一方で,それ以外の債務について大幅な減額をすることができます。
住宅ローンだけ民事再生による減額の対象から除外しているということになります。