1 事案の分類
2 事案の内容
3 当事務所による解決
4 依頼前後の状況変化
5 解決のポイント

1 事案の分類

離婚請求 求められた
離婚原因 性格の不一致
依頼者の性別 男性(40代)
子供の有無 あり
依頼者の職業 会社員
相手の職業 会社員
争点(対立した内容) 養育費・(財産分与)預貯金
解決手続 調停
依頼時期 婚姻9年・別居1年以内

2 事案の内容

夫婦の仲が悪くなり,妻が子供を連れて実家に戻り,別居が始まりました。
妻は,離婚を切り出してきました。
妻は離婚の条件として,養育費として13万円と夫名義の預貯金の半分を財産分与として要求してきました。
夫はこれらの金額が大きすぎると思っていました。

3 当事務所による解決

当事務所は,夫からの依頼を受任しました。
当事務所の弁護士が,夫婦の収入と財産の内容を聴取したところ,妻の要求は標準的なものよりも大きいことが分かりました。
財産分与として妻が要求する中には『独身時代に夫が蓄えた預貯金』も含まれていたのです。
当事務所の弁護士が妻との交渉を開始しました。
しかし,妻は,特に根拠なく,それまでの要求を頑なに維持していました。
当方は離婚調停を申し立てました。
調停申立後約2か月で,当方の主張にほぼ沿った内容で離婚する調停が成立しました。

4 依頼前後の状況変化

依頼前 財産分与約800万円・養育費月額13万円を要求されていた
依頼後 財産分与約100万円・養育費月額8万円で離婚できた

5 解決のポイント

調停委員が,当事務所の主張する内容について同感してくれて,妻に説明・説得してくれたものと思われます。
交渉段階では,相手(妻)は一切譲歩しない態度でしたが,2回めの調停期日で調停離婚が成立したのです。
とても早い解決が実現しました。