1 事案の分類
2 事案の内容
3 当事務所による解決
4 依頼前後の状況変化
5 解決のポイント

1 事案の分類

離婚請求 求められた
離婚原因 暴力・モラハラ
依頼者の性別 男性(30代)
子供の有無 なし
依頼者の職業 会社員
相手の職業 専業主婦
争点(対立した内容) 慰謝料
解決手段 調停
依頼時期 婚姻7年・別居1年

2 事案の内容

夫婦の仲が悪くなり,別居することになりました。
妻が離婚調停を申し立ててきました。
妻は『夫が暴力やモラハラをしていた』と主張し,慰謝料300万円と財産分与約1000万円を要求していました。

3 当事務所による解決

当事務所は夫から依頼を受任しました。
まず,妻の指摘する内容は根拠がない虚偽の事実であることをしっかりと主張しました。
その後,妻は明確な証拠を提出できず,慰謝料の請求は実質的に撤回しました。
調停委員は当方の主張に同感してくれて,妻側に譲歩を求めました。
最終的に,妻は慰謝料の請求を断念(撤回)し,慰謝料なしで離婚する調停が成立しました。

4 依頼前後の状況変化

依頼前 慰謝料300万円を請求されていた
依頼後 慰謝料なしで離婚できた

5 解決のポイント

暴力(DV)やモラハラ(言葉の暴力)は違法性が高く,慰謝料請求が認められるものです。
しかし実際には小さい言動を大げさに主張されてしまうことがよくあります。
交渉や裁判では証拠・根拠を元に判断します。そこで,証拠をベースにした反論が,不当な請求を断念させることにつながります。