一般的な弁護士の業務を分析・分類します。
当然ですが,個々の業務は多いのです。
そして,重要なものばかりです。

<弁護士の典型的業務|分類>

あ 事実の把握

ア 個別案件の事情聴取
法律相談・打ち合わせ
資料の把握も含む
イ 現地調査

い 法律調査

法令の有無・内容・解釈論
裁判例・文献などを収集・集約する

う 個別的事案における検討,考察

ア 具体的解決方法(紛争予防方法)の考察
イ 主張の構成(考察)
ウ 立証の計画を立てる
証拠の評価を含む

え 具体的アクション

ア 対外的な連絡
相手方や裁判所
イ 書類作成
訴状,準備書面,内容証明による通知など
ウ 出廷

この整理が,時間(リソース)分配の最適化につながります。
弁護士が提供する価値の最大化を意識的に実現するための前提と言えます。