1 弁護士の提供するサービス・価値=使命・存在意義|全体
2 弁護士の提供価値|お客様の権利・利益の実現=法律面
3 弁護士の提供価値|スピード・確実性=法律以外
4 弁護士の提供価値|ホスピタリティ=法律以外
5 ホスピタリティ・重要性|提供するサービス/価値の識別

1 弁護士の提供するサービス・価値=使命・存在意義|全体

みずほ中央では『弁護士が提供するサービス・価値』についてしっかりと理解しています。
法律事務・法律サービス提供に従事する自身の存在意義・使命の認識と直結しています。
提供するサービス・価値を大きく分類します。

<弁護士の提供するサービス(価値)=使命・存在意義>

あ お客様の権利・利益の実現=法律面
い スピード・確実性=法律以外
う ホスピタリティ=法律以外

法律に関係するものだけ,というわけではないのです。

2 弁護士の提供価値|お客様の権利・利益の実現=法律面

弁護士が提供する価値のメインは『お客様の権利・利益』の実現です。
ベストの結果,という意味です。
法律解釈・適用,という弁護士のウデで決まる肝心の『提供価値』です。
より細かく分類すると『紛争解決』と『予防』の2つがあります。

<弁護士の提供価値|お客様の権利(利益)実現=法律面>

あ 具体的種類

ア 紛争解決
イ 紛争予防
予測可能性の提供
→事業活動・個人生活の行動選択の指針となる

い 構成要素

ア 法律解釈
イ 立証・主張のテクニック

3 弁護士の提供価値|スピード・確実性=法律以外

弁護士が提供する価値には『スピード・確実性』もあります。
法律解釈・適用とは関係のない『価値』です。

<弁護士の提供価値|スピード・確実性=法律以外>

法律解釈・適用だけではなく手続の運用のノウハウが充実している
→手続の進行が早い・滞留しない

お客様がご自身で遂行しても弁護士が遂行しても結果は同じと思われる簡易な手続もあります。
その場合でも,確実性・スピードが違う,ということはあります。
スピード・確実性は,法律家がお手伝いする意義の1つと言えます。
お悩みの状態の継続時間を可能な限り短縮することは有意義です。

4 弁護士の提供価値|ホスピタリティ=法律以外

弁護士が提供する価値の1つとして『ホスピタリティ』も挙げられます。

<弁護士の提供価値|ホスピタリティ=法律以外>

あ 『ホスピタリティ』の意味

お客様のお気持ちとして安心・満足・快適と感じていただくこと

い 『ホスピタリティ』の内容

具体的な内容はマナー・言葉遣いなどの単純なものだけではない
進捗状況や今後の進行予定の説明方法など多くの事項に及ぶ

みずほ中央では,非常に多くの情報をデータベース化しています。
細かい工夫・方法が蓄積されているのです。
ホスピタリティについては重要性が軽視されがちです。
次に説明します。

5 ホスピタリティ・重要性|提供するサービス/価値の識別

弁護士の業務における『ホスピタリティ』の重要性をまとめます。

<ホスピタリティ・重要性>

あ 『ホスピタリティ』の重要性

ア 紛争当事者の心境
極度に不安・緊張・不快を感じることがある
→このような状況を解消・緩和することは有意義である
イ 見落とされがち
客観的な結果の有利/不利とは関係ない部分である
→軽視されがちであるが見落とせない

い お客様が買うモノ=実質的な価値

ア 分類

商品・サービス
欲求の充足

イ 同趣旨の格言
顧客は『ドリル』が欲しいのではなく『穴』が欲しい

『客観的な結果』だけが法律家の提供する価値,だとは思いません。
安心感,満足感といった『主観的・感覚的な結果(効果)』もあり得ます。
一般的事業では古くから指摘されていることです。
『顧客が取引(購入)によって終局的に得るモノ』の再確認のことです。
なお『客観的にベストの結果』は当然の前提です。