刑法の条文には,「・・・した人は・・・(罰則)に処する」という体裁で書かれています。
「・・・してはいけない」と,ストレートに書いていないのはなぜでしょうか。
「善悪」を書くことになると,当然過ぎるのでムダ+どっちみち刑罰も書くのでムダになる,というのが理由でしょう。

1 禁止規定罰則規定の2種類
2 禁止規定が取られていない理由

1 禁止規定罰則規定の2種類

刑法上は殺人をしてはいけない窃盗をしてはいけない名誉棄損をしてはいけないというようにストレートにダメ禁止の趣旨が書いてありません(禁止規定と言います)。
書かれているのは,対象となる行為とそれに適用される罰則です(罰則規定と言います)。

・・・してはいけないという文言がないとは言っても,国家的に・・・しても良いというメッセージを出しているわけではありません。
実際に別の条文や解釈で不正違法(性)とかが出てくる場面では刑法の罰則対象(=犯罪)は不正(違法)として扱われています。
この問題は,具体的な犯罪の成否とは関係ないので,判例で解釈が示される,ということはありません。
刑法学者がいろんなコメントをしている程度の,法解釈のおかしみ,とでもいうカテゴリのテーマです。

2 禁止規定が取られていない理由

<刑法上禁止規定というスタイルがない理由>

あ 当然過ぎてムダになる

人を殺すことを禁じる窃盗を禁じると正面から書いたモノを見ると分かりますが,意味がない,という感覚に襲われます。

い 刑罰規定を書くので,禁止規定も書くと重複気味になる

罰則(刑事罰)については,人権を制約するものなので,事前に可能な限り明確に対象となる行為罰則内容を規程しておく必要があります。
明確な罰則規定は必須なのです。
これに加えて禁止規定を置くと,重複していることになります。
例;人を殺すことを禁じる。人を殺した者は,死刑又は・・・の懲役に処する。