1 葬儀の方式・バラエティ|相続人の間に対立が生じることがある
2 『喪主』の意味・権限|葬儀の主宰者=裁量・権限がある
3 『喪主』と『祭祀主宰者』の関係|同一とは限らない
4 喪主と祭祀主宰者が別人|事例
5 祭祀主宰者として指定された者→喪主になる|例外もある

1 葬儀の方式・バラエティ|相続人の間に対立が生じることがある

『葬儀をどのようにするのか』『宗派の選択』で深刻な対立が生じることもあります。

<葬儀のバラエティ|相続人で対立発生>

あ 宗派

『意義』『教義』が違う
→具体的な方式・儀式の全体が異なる

い 手続・プロセスの違い|例

ア 読まれるお経
イ 式次第
例;通夜・告別式など

う 埋葬方法

例;火葬・土葬・散骨・水葬
ただし,水葬には法規制がある
船員法15条,防衛省訓令

これらを決定する人は『喪主』です。
次に説明します。

2 『喪主』の意味・権限|葬儀の主宰者=裁量・権限がある

『喪主』は法律解釈上でも使われる用語です。
基本的な定義・権限をまとめます。

<『喪主』の意味・権限>

あ 『喪主』の意味

葬儀の主宰者

い 喪主×権限

葬儀の宗派・手続について判断・決定する裁量がある

『喪主』を誰が行うか,については次に説明します。

3 『喪主』と『祭祀主宰者』の関係|同一とは限らない

法律上『祭祀主宰者(の指定)』という制度があります。
現実には,葬儀が終わった時に『祭祀主宰者の指定』が行われることが多いのです。
この場合『既に喪主となっている者』が『祭祀主宰者』に指定されやすいということです。

<『喪主』→『祭祀主宰者の指定』>

あ 原則

同一人が指定される

い 例外

別人が指定されることもある(後記)

4 喪主と祭祀主宰者が別人|事例

喪主以外の者が祭祀主宰者として指定された実例を紹介します。

<喪主と祭祀主宰者が別人|事例>

あ 喪主=長男

長男が葬式の喪主を務めた
被相続人とは,生前約20年間別居していた
被相続人との行き来もなかった

い 次男

長期間にわたり被相続人と同居していた
被相続人の看病や法要を行った
先祖の位牌・被相続人の遺骨を保管している

う 裁判所の判断

次男を祭祀主宰者として指定した
※大阪家裁昭和52年8月29日

5 祭祀主宰者として指定された者→喪主になる|例外もある

葬儀の完了前に『祭祀主宰者の指定』がなされることもあります。
この場合の状況をまとめます。

<『祭祀主宰者の指定』→『喪主』>

あ 一般的なケース

祭祀主宰者として指定された者が喪主となる

い 解釈論

祭祀主宰者は『葬儀の履行義務』はない
祭祀主宰者が葬儀を行わない場合
→別の者が『喪主』となる

未了の葬儀については『祭祀主宰者として指定された者』が『喪主』になるのが通常です。
しかし『喪主になる=葬儀を履行する』義務はないのです。
詳しくはこちら|祭祀供養物の承継・祭祀主宰者の指定|基本|法的効果|所有権移転・葬儀履行義務