1 ゲリラ登場『前』|情報流通の独占×官製マーケット
2 ゲリラ登場『前』|グレーゾーン=緩衝地帯
3 ゲリラ登場『前』|官製マーケット×事業者の関心
4 ゲリラ登場|要因=情報流通の民主化×マーケット自由化
5 ゲリラマーケット×事業者の関心
6 官製/ゲリラマーケット×事業者の関心
7 大貧民×革命|ゲリラマーケット登場→逆転現象

1 ゲリラ登場『前』|情報流通の独占×官製マーケット

近年は,シェアリング・マッチングサービスの普及が進んでいます。
マーケットの状況は『ゲリラ性』があります。
(別記事『ゲリラマーケット・基本』;リンクは末尾に表示)
本記事ではゲリラマーケット登場の経緯・時代変化について説明します。
まずは過去のマーケットの特徴をまとめます。
ゲリラマーケットが登場したからこそ,過去の特徴が際立ってみえます。

<ゲリラ登場『前』|情報流通の独占×官製マーケット>

あ 情報流通の独占

『消費者=マーケット』への発信手段が『独占』されていた
独占主体=マスメディア
例;テレビジョン・ラジオ・書籍・雑誌
広範囲への伝達自体で『大資本』に優位性があった
小規模企業・個人は事実上参入が阻止されていた

い 官製マーケット

サービス提供者は『大企業』が多かった
行政と大企業は『法規制』では利害が一致していた
ア ロビー活動
大企業優位の立法・運用
イ 合法賄賂
例;天下りの受け入れ×社外取締役の法的強制(会社法改正)
詳しくはこちら|社外取締役|設置義務・定義|責任の一部免除・責任限定契約|官製マーケット創設

2 ゲリラ登場『前』|グレーゾーン=緩衝地帯

過去の官製マーケットでは『グレーゾーン』が創設されてきました。
言わば『緩衝地帯』のような状況です。

<ゲリラ登場『前』|グレーゾーン=緩衝地帯>

事業者は一定のビジネス領域には踏み入れない現象が生じた
法的根拠のない行政指導に盲従する状態が普通になった
→裁判所が正式に適法性の判断を下すことがない状態
=判例が作られない状態
→『判例なし×サービス提供者なし』のビジネス領域発生
→現在,ベンチャーにとっての『鉱脈』となっている(後記)

3 ゲリラ登場『前』|官製マーケット×事業者の関心

過去の官製ビジネスモデルでは,適法性維持のメカニズムが特徴的でした(前記)。
事業者の立場から適法性に関する『関心』をまとめてみます。

<ゲリラ登場『前』|官製マーケット×事業者の関心>

あ 行政の裁量

主に行政指導

い レピュテーション

消費者・世間の『イメージ』としての評価

う 取引先の評価

主に金融機関

『裁判所による判断』は入っていません。

4 ゲリラ登場|要因=情報流通の民主化×マーケット自由化

時代の変化によりゲリラマーケットが登場します。
この要因についてまとめてみます。

<ゲリラ登場|要因=情報流通の民主化×マーケット自由化>

あ 情報流通の民主化

ICTが発達→非常に広範囲に普及した
コストほぼゼロで誰でも非常に広範囲に伝達可能となった

い 『判例なし×サービス提供者なし』=『鉱脈』の拡がり

従前より『判例なし×サービス提供者なし』領域が発生した(前記)
=明確な『違法判断』がない
→行政サイドは理論的部分で検挙しにくい
(さらに人員・リソース不足でもっと検挙しにくい)

5 ゲリラマーケット×事業者の関心

ゲリラマーケットにおける事業者の関心をまとめてみます。

<ゲリラマーケット×事業者の関心>

あ 行政の裁量

主に調査・検挙の遂行

い レピュテーション

個別的サービスのクオリティ
個別的サービスへの実際に使用した方の評価(レビュー)

前記の『官製マーケット』とは大きく違います。
2種のマーケットの比較を次にまとめます。

6 官製/ゲリラマーケット×事業者の関心

官製/ゲリラマーケットで適法性に関する事業者の関心が異なります(前記)。
次に,これらを比較するためにまとめてみます。

<官製/ゲリラマーケット×事業者の関心>

外部の状況 官製マーケットの事業者 ゲリラマーケットの事業者
裁判所の判断
行政の裁量 (行政指導について)大 (調査・検挙について)大
消費者・世間のレピュテーション (イメージについて)大 (個別サービスについて)大
金融機関の評価

7 大貧民×革命|ゲリラマーケット登場→逆転現象

ゲリラマーケットは古い状況が大きく変わった状況と言えます。
これに伴って『法規制の機能』が逆方向に変わっています。

<大貧民×革命|ゲリラマーケット登場→逆転現象>

あ 法規制・運用の機能|昔

既得権益保護として機能していた

い 法規制・運用の機能|今

『大手排除=ベンチャーの聖域創設』につながっている
《俗称》
ベンチャー・オアシス
ベンチャーの鉱脈採掘ゴールドラッシュ

従来のメカニズムが逆に作用する皮肉的状況と言えます。
ゲームの大貧民における『革命』とも似ています。
既得権者の立場では『味方が敵に寝返った』ようなものです。
その意味で『シオナイト現象』という言い方もあるようです。
詳しくはこちら|ネオ・ラッダイト討伐|3権・テクノロジー・グレーゾーン=ベンチャーの聖域