1 産業誕生・育成→経済発展|基本的方程式
2 日本の状況|『テクノロジー』はある・『経営』不足
3 世界で戦える日本所在のテクノロジー
4 日本所在の『資金』は十分
5 日本における産業発展不足の理由=産業化の欠如

1 産業誕生・育成→経済発展|基本的方程式

日本では現在,少子・高齢化で『国が貧しくなる』方向性が強まっています。
これを回避する=経済発展の方法は,根本的・普遍的な条件があります。

<産業誕生・育成→経済発展|方程式>

あ 基本的方程式

『テクノロジー発展』×『経営(※1)』×『法規制の最適化』
→『産業誕生・成長』
(→経済発展)

い 『経営』の内容(上記※1)

『経営』=投資・出資・事業遂行

最後の事項である『法規制の最適化』については本記事では触れません。
関連コンテンツ|ドローン・ロボット|国際的な法整備の動き|国際競争・マーケットメカニズム
なお『国が貧しくなる』ということは具体的にどのような状態か,については本記事では触れません。
これについて研究・思考実験を行っているサイトを紹介しておきます。
外部サイト|Chikirinの日記|国が貧しくなるということ

2 日本の状況|『テクノロジー』はある・『経営』不足

産業の誕生・発展のためには『テクノロジー』と『経営』が揃うことが条件となります(前述)。
これに関して,日本における現在の『テクノロジー』と『経営』の状況の概要をまとめます。

<日本の状況概要|テクノロジー+経営>

あ テクノロジー

『テクノロジーの芽』はある
世界のトップクラスに位置するものもある

い 経営(投資・出資)

プロの経営者=真のエリートが欠如している
※加藤崇氏;参考情報は末尾記載

それぞれの内容については次に説明します。

3 世界で戦える日本所在のテクノロジー

日本には『テクノロジー』の元はたくさんあります。
実用化して社会にリリースされることが大いに期待されます。

<世界で戦える日本所在のテクノロジー>

あ 存在する優れたテクノロジー

世界のトップクラスに位置づけているテクノロジー分野もある

い 世界で戦えるテクノロジー

ア ロボティクス
イ バーチャルリアリティ
ウ マテリアル

4 日本所在の『資金』は十分

日本には,投資の元となる『資金』は不足していません。

<必要な資金の存在>

日本の個人・法人には資金(現金)も余っている

客観的・物理的には『スタンバイOK』状態なのです。

5 日本における産業発展不足の理由=産業化の欠如

日本では新テクノロジーの元もあり,資金もあります。
最後のピースが『産業化』の部分です。

<産業化・ビジネス化の欠如>

テクノロジーの産業化がうまくいかない傾向が強い
→テクノロジーを外国(所在の企業)に取られる構造になっている

この部分が日本では不足しています。
これについて別記事で詳しく説明しています。
詳しくはこちら|日本の『経営』不足・基本|プロの経営者=真のエリートが必要