1 敷地後退|セットバック|基本
2 2種類のセットバック|道路斜線・敷地後退
3 既存の建物・塀→セットバック不要・適法扱い
4 既存不適格|趣旨・内容
5 既存不適格×再築|接道義務違反の例
6 セットバック|敷地境界の移動×道路拡張
7 長期間を要する道路拡張

1 敷地後退|セットバック|基本

『敷地』と『道路』との『接道』をクリアしても,もう1つ注意点があります。
接する道路の幅員が4メートル未満である時です。

<敷地後退|セットバック|基本(※1)>

あ 原則

道路中心線から2メートルの距離の線
→『道路・敷地の境界』とみなす

い ネーミング

建物の敷地を引き下げる状況となる
→『敷地後退・セットバック』と呼ぶ

う 例外

向かい側が崖・川・線路敷地などでセットバックできない場合
→例外的扱いとなる
※建築基準法42条2項

『2項道路』以外であれば,幅員が4メートル以上です。
そのため『セットバック』は生じません。

2 2種類のセットバック|道路斜線・敷地後退

『セットバック』には2種類があります。
間違えやすいので整理しておきます。

<2種類のセットバック|道路斜線・敷地後退>

あ 道路斜線×セットバック

建築基準法に『道路斜線』という規制がある
詳しくはこちら|建築確認|審査内容=建築基準法等の適合性|審査の流れ|建設主事・特定行政庁
このルールの中でも『セットバック』というものがある

い 2種類のセットバック

次の2つは別のものである
混同・誤解が多いので注意が必要である
ア 道路斜線におけるセットバック(上記『あ』)
イ 2項道路のセットバック(上記※1)
※建築基準法42条2項

3 既存の建物・塀→セットバック不要・適法扱い

実際に存在する建物や塀で『2項道路の中心線から2メートル』の距離がない,というものも多いです。
道路と民家の間の塀が『でこぼこ』になっていて不便・危険,という風景になっていることもよくあります。
『道路』であるべき部分に,建物や塀が『越境』している状態とも言えます。
しかし,このような建物や塀を『撤去』する必要はありません。
『セットバック』は,『新規に建築・設置する場合』のルールなのです。

4 既存不適格|趣旨・内容

『セットバック未了の道路』につながる『建物』の問題もあります。
建物が『接道義務違反』の状態と言えます。
しかしルール制定前から存在する建物については『違反』扱いされません。

<既存不適格|趣旨・内容>

あ 原則論

ルールに違反している
→除却命令の対象となる

い 不合理性

ルールができる前に建物が存在していた
当時は『適法』であった
→ルール制定後に『違法だから解体する』のは不合理である

う 保護規定|既存不適格

ルール制定前から存在する建物
→現行法で『不適格』であっても『新規定を適用しない』
→『違法ではない』=『除却命令の対象ではない』
※建築基準法3条2項
詳しくはこちら|既存不適格建物の適用除外

5 既存不適格×再築|接道義務違反の例

既存不適格は『形式的な違法』による不合理を回避する制度なのです。
しかし再築の時に『不合理』が現実化する,という問題があります。
接道義務違反の建物が典型例です。
不合理な状況をまとめます。

<既存不適格×再築|接道義務違反の例>

あ 典型例

接道義務のルールが設定される前から建物が存在していた
道路幅が2メートル未満である
現行法では『接道義務違反』の状態である

い 保護規定|既存不適格

建物は『違法』扱いにはならない

う 保護の不備

建物を再築する場合
→確認申請に対し『不適格』とされる
→再築できない

6 セットバック|敷地境界の移動×道路拡張

セットバックにより敷地境界の移動が生じます。

<セットバック|敷地境界の移動×道路拡張>

あ 敷地境界|規定

建築基準法上の『道路』と『敷地』の境界
→塀=擁壁の位置とされている
※建築基準法44条など

い セットバック部分×建築制限

セットバック部分は『道路』となる
=敷地境界が移動した・道路が『増えた』状態である
→建築制限などの適用対象となる
詳しくはこちら|建築基準法・『道路』|建築制限・管理・私道廃止

7 長期間を要する道路拡張

セットバックによって道路幅員4メートルが実現します。
しかし,非常に長期間を要するプロセスと言えます。

<長期間を要する道路拡張>

あ 道路が拡がるプロセス

2項道路に面した敷地の建物が再築・改築の際
→建物・塀の位置が『セットバック(後退)』する
=『道路が拡がった』状態である

い 長期間をかけた拡張

長期間をかけて『幅員4メートルの道』が実現する