1 ペットのトラブル|被害発生・種類
2 ペットのトラブル|特別な状況
3 ペットのトラブル|法的責任|種類
4 ペット×法的責任|基準=受忍限度論
5 ペットの飼主|義務・責任|公的ルール
6 ペット×建物賃貸借・管理規約違反

1 ペットのトラブル|被害発生・種類

ペットは大切な家族です。
その一方で,周囲に迷惑を与えることもあります。
法的な責任につながります。
まずは被害が発生する種類についてまとめます。

<ペットのトラブル|被害発生・種類>

あ 攻撃系

物理的な攻撃を加える
例;噛みつく・ひっかく・激突する・踏みつける

い 騒音系

鳴き声・吠える声
例;犬・猫の発情期

う 悪臭系

糞・尿・動物の体臭

2 ペットのトラブル|特別な状況

ペットのトラブルの状況によっては独特の問題があります。

<ペットのトラブル|特別な状況>

あ 放し飼いによる被害

放し飼いについては特有の問題がある
(別記事『ペットの放し飼い×法的責任』;リンクは末尾に表示)

い ルール違反系

賃貸借・マンション管理規約違反(※1)

3 ペットのトラブル|法的責任|種類

ペットのトラブルに関する法的責任の種類をまとめます。

<ペットのトラブル|法的責任|種類>

あ 動物の占有者・所有者の責任

損害賠償請求
※民法718条,709条

い 人格権

差止請求
例;ペットの鳴き声が聞こえない措置を取らせる

損害賠償のうち主なものは『動物占有者の責任』です。
これについては別に説明しています。
(別記事『動物の占有者の責任|基本』;リンクは末尾に表示)

4 ペット×法的責任|基準=受忍限度論

ペットの法的責任の判断基準では『受忍限度』が考慮されます。

<ペット×法的責任|基準=受忍限度論>

あ 基本的事項

『受任限度』を超えると違法となる
→不法行為・権利侵害として認められる

い 受忍限度

常識的な許容範囲という意味である

5 ペットの飼主|義務・責任|公的ルール

ペットの飼主の義務・責任の基準として,公的なルールがあります。

<ペットの飼主|義務・責任|公的ルール>

あ 動物の所有者or占有者の責務

人に迷惑を及ぼすことがないようにする努力義務
※動物愛護法7条

い 環境省告示|家庭動物飼養・保管基準

『家庭動物』の飼育に関する努力義務など
(別記事『環境省告示|家庭動物飼養・保管基準|基本』;リンクは末尾に表示)

う 迷惑抑止策|騒音対策|例

ア 散歩などでストレスを発散させる
イ 防音設備の設置

これらルールは直接的に『法的責任』が規定されているわけではありません。
上記の『法的責任』を判断する中で考慮される,という位置付けです。

6 ペット×建物賃貸借・管理規約違反

ペットの飼育が法律以外の『ルール違反』となることがあります。

<ペット×建物賃貸借・管理規約違反(上記※1)>

あ ペット飼育×ルール違反|基本的事項

ペットの飼育自体や飼育方法が次のルールに抵触する
→契約解除・差止請求が認められる可能性がある

い 建物賃貸借契約との抵触

特約の有効性・信頼関係の破壊の程度により判断される
詳しくはこちら|不動産賃貸借|特約の有効性|解除特約|基本・種類
詳しくはこちら|信頼関係破壊理論・背信行為論|基本事項|基準・主要な3効果

う マンション管理規約との抵触

『共同の利益』を害したか否かが判断ポイントとなる
詳しくはこちら|マンションの悪質行為|基本|対応=停止・予防・使用禁止・競売・引渡請求