後遺症に関する慰謝料の相場を教えてください。
後遺症による慰謝料額の基準とされる表を示します。

1 後遺症が残った場合の慰謝料は類型化されている
2 後遺障害等級表(慰謝料額,労働能力喪失率)

1 後遺症が残った場合の慰謝料は類型化されている

後遺症に関する慰謝料額,について説明します。

事故で後遺症が残ったした場合には,重い苦痛を長期間受け続けることになります。
この精神的苦痛を金銭に換算したものを慰謝料と呼びます(民法710条)。

裁判例の蓄積により,一定の基準が目安として使われています。
この基準は,後遺障害等級によって一定の金額が対応しています。
実務上は,この等級の評価(認定)について,大きく見解が食い違う,ということが少なくありません。

2 後遺障害等級表(慰謝料額,労働能力喪失率)

後遺障害等級ごとの慰謝料額の相場を説明します。

具体的な症状について,後遺障害等級・労働能力喪失率が規定されています。
これは,自動車損害賠償保障法施行令として公的なものとして存在します。

さらに,慰謝料額の基準・相場を当事務所で加えてまとめたものが次の表です。
自賠責基準は,損害賠償額の相場(=裁判基準)とは異なりますのでご注意下さい。

等級 ( 別表 第1) 介護を要する後遺障害 自賠責基準 裁判基準 労働能力喪失率
第1級 1 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し,常に介護を要するもの
2 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し,常に介護を要するもの
1600万円 2800万円 100%
第2級 1 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し,随時介護を要するもの
2 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し,随時介護を要するもの
1163万円 2370万円 100%