どのタイミングで相談するのが良いのでしょうか。
早い方が良いです。

ご本人にとっては「ちょっとしたこと」でも、後々取り返しのつかないことになる場合もあります。
逆に,タイミングが早い,という場合は,↓のようなアドヴァイスを差し上げることもあります。
まずはお気軽にご相談されることをお勧めします。

タイミングが早い場合のアドヴァイス例

「現時点では具体的対処の必要はありません」
「◯◯の状況になった時点で再度ご相談いただくことをお勧めします」