1 事案の分類
2 事案の内容
3 当事務所による解決
4 依頼前後の状況変化
5 解決のポイント

1 事案の分類

離婚請求 求めた
離婚原因 当方有責
依頼者の性別 男性(40代)
子供の有無 あり
依頼者の職業 会社員
相手の職業 会社員
争点(対立した内容) 慰謝料・養育費・(財産分与)預貯金・保険
解決手続 調停
依頼時期 婚姻13年・別居半年以内

2 事案の内容

夫が妻以外の女性と交際していました。
妻がこれを知り,調査会社に依頼して写真などの証拠を揃えたようです。
夫は,妻に知られた以上は責任を認めるが,とにかく早く離婚したいと思っていました。

3 当事務所による解決

当事務所は,夫からの依頼を受任しました。
当事務所の弁護士が,妻が依頼した弁護士と交渉を開始しました。
まず,離婚すること自体は意見が一致していたので,協議離婚を先に行いました。
その後,離婚の条件についてだけを交渉することになりました。
当初,妻側は多めの金額を要求していましたが,当事務所の弁護士は標準的な金額からの上乗せを拒否しました。
結果的に,標準的な金額で妻側も承服しました。

4 依頼前後の状況変化

依頼前 養育費12万円・財産分与500万円・慰謝料500万円を要求されていた
依頼後 養育費9万円・解決金500万円(財産分与+慰謝料)で離婚できた

5 解決のポイント

不倫の証拠を相手につかまれていたので,責任を認めざるをえない状況でした。
しかし,離婚だけを先に済ませたので,『別居期間中の婚姻費用(生活費)の支払が続く状態』を未然に避けられました。
その結果,『不利な条件を受け入れてでも早く離婚を実現する』という譲歩をしなくてもよくなったのです。