<実績|死亡事故の慰謝料1900万円→2600万円獲得>

あ 事案

走行中の自動車が,約80歳の歩行者(A)に衝突し,歩行者Aが死亡しました。
当初保険会社は,Aの遺族に対し,賠償額として1900万円を提示をしました。

い 経過

Aの遺族から法律相談を受けました。
弁護士は,判例の基準から,概算で2500万円以上が適正であると説明しました。
Aの遺族から依頼を受けました。
当方は,詳細な損害を算定し,交渉しました。
判例などの根拠となる資料を十分に,保険会社に示しました。

う 解決

最終的に,保険会社は当方の主張をほぼ認めるに至りました。
和解が成立しました。
保険会社より約2600万円が支払われました。