1 遺族年金と弔慰金と特別受益性
2 遺族年金の性格
3 遺族年金・弔慰金の法的性格の見解の傾向
4 遺族年金の特別受益性の見解
5 死亡弔慰金を特別受益と認めた裁判例

1 遺族年金と弔慰金と特別受益性

亡くなった者の家族が遺族年金や弔慰金を受け取ることがあります。これらが特別受益として認められることがあります。
解釈の背景や方向性は死亡退職金と似ています。
詳しくはこちら|生命保険金の相続財産と特別受益の該当性(基本・判例の判断基準)
まず最初に,遺族年金と弔慰金の基本的な内容をまとめます。

<遺族年金と弔慰金と特別受益性>

あ 遺族年金の仕組み

従業員・役員が亡くなった後において
雇用主が亡くなった者の家族に年金を支給する

い 弔慰金の仕組み

企業・公的団体が死者の家族に金銭を支給する
死者を弔い遺族を慰めるという趣旨である

う 特別受益との関係

『あ・い』について
次の点で解釈論がある
ア 相続財産に該当するかどうか
イ 特別受益に該当するかどうか

2 遺族年金の性格

遺族年金が特別受益に該当するかどうかの判断には,遺族年金の性格が反映されます。遺族年金の性格はいくつかの趣旨が混ざっています。

<遺族年金の性格>

あ 遺族扶助

遺族を扶助する目的・趣旨がある

い 損失補償

死亡による損失を補償する目的・趣旨のものもある
労災保険と同様の性格である

う 相続的な性格

被相続人が負担した保険料が源資となり
→年金の支給がなされている
全体として相続と同様の性質もある
例;共済年金・厚生年金
※『判例タイムズ427号』p159〜

3 遺族年金・弔慰金の法的性格の見解の傾向

遺族年金や弔慰金の法的性格については見解が分かれています。相続財産ではないという方向はほぼ一貫しています。しかし,特別受益に該当するかどうかの見解が分かれています。

<遺族年金・弔慰金の法的性格の見解の傾向>

あ 相続財産性

遺族年金・特別弔慰金について
受給者固有の財産である=相続財産ではない
※『判例タイムズ427号』p159〜
※能見善久ほか『論点体系 判例民法10相続』第一法規出版p90

い 特別受益性

見解は分かれている(後記※1)
特別受益として否定するものがほとんどである
※能見善久ほか『論点体系 判例民法10相続』第一法規出版p90

4 遺族年金の特別受益性の見解

裁判例では,遺族年金を特別受益として認めない傾向があります。しかし,特別受益として認める見解もあります。

<遺族年金の特別受益性の見解(※1)>

あ 特別受益肯定説

実質的な公平を図る
→遺族年金を特別受益として認める
※遠藤浩『相続財産の範囲』/『家族法大系6 中川善之助教授還暦記念』有斐閣p184

い 特別受益否定説

ア 理由
遺族年金の受給者受給額が法定されている
→持戻しは法の目的を阻害する
受給自体が903条の法文挙示のいずれにも該当しない
受益額の算定が難しい
イ 結論
遺族年金を特別受益として認めない
※広島高裁岡山支部昭和48年10月3日
※東京高裁昭和55年9月10日
※東京家裁昭和55年2月12日
※大阪家裁昭和59年4月11日;算定困難性の指摘

5 死亡弔慰金を特別受益と認めた裁判例

死亡弔慰金について,下級審裁判例で特別受益として認めたものがあります。ただし,最高裁判例がないので,統一的な見解というわけではありません。

<死亡弔慰金を特別受益と認めた裁判例>

死亡弔慰金について
→特別受益として肯定した
※東京地裁昭和55年9月19日