「グレーゾーン」の例外はどのようなものでしょうか。
利息制限法については,以前はごく一部の例外がありました。

貸金業法において,一定の書面の交付などを条件に,利息制限法の規定をオーバーする金利を有効と定めていました。
本来無効となるオーバー金利を有効な弁済として扱う,ということからみなし弁済と呼ばれています。
過払い金返還請求訴訟において,たまに,この例外(みなし弁済)の適用の有無をめぐって争われることがあります。
この例外措置の適用(みなし弁済)を受けるための,書面交付その他の条件が結構複雑です
そこで明確に判断できないことも実際には多いのです。