1 育児休業×復職|配置変更|基本
2 育児休業×復職|配置変更|合理的説明
3 育児休業×復職|配置変更|時短不能処置

1 育児休業×復職|配置変更|基本

育児休業については厚生労働省の『指針』でルールが示されています。
(別記事『育児休業指針|全体』;リンクは末尾に表示)
指針の中には『収入減少』のルールがあります。
その中に『配置変更』に関する規定があります。
本記事では指針の中の『配置変更』に関するものを説明します。
まずは『配置変更』の基本的ルールをまとめます。

<育児休業×復職|配置変更|基本>

あ 判断基準|基本

配置の変更が不利益な取扱いに該当するか否かの判断
→次のような諸般の事情を総合的に比較考量して判断する

い 判断要素

ア 配置の変更前後の労働条件・通勤事情
イ 対象者の将来に及ぼす影響
※育児休業指針『第2』『11(3)ホ』

2 育児休業×復職|配置変更|合理的説明

育児休業の復職時には『不利益な配置変更』は違法です(前述)。
指針の中に『不利益な配置変更』の具体例が示されています。

<育児休業×復職|配置変更|合理的説明>

あ 前提事情

職務or就業の場所の変更を行った
通常の人事異動のルールからは十分に説明できない
対象者に相当程度経済的or精神的な不利益が生じた

い 判断結果

『不利益配置変更』に該当する
※育児休業指針『第2』『11(3)ホ』

3 育児休業×復職|配置変更|時短不能処置

指針の中には『不利益な配置変更』と思われる具体例が示されています。

<育児休業×復職|配置変更|時短不能処置>

あ 前提事情

従業員が所定労働時間の短縮措置の適用の申出をした
雇用主が短縮措置の適用外の業務に転換した

い 判断の傾向

『不利益配置変更』に該当する可能性が高い
※育児休業指針『第2』『11(3)ホ』