1 養育費の合意×支払方法|基本
2 養育費・一括払い×増額|基本
3 養育費の特殊性・性格
4 養育費・一括払い×増額|基準
5 養育費・一括払い×増額|実務的問題
6 養育費・一括払い×増額|予防|増額禁止条項
7 養育費・一括払い×増額|増額抑制条項

1 養育費の合意×支払方法|基本

離婚の際に,子供の養育費を決めます。
両親の合意で定める場合の『支払方法』について基本的事項をまとめます。

<養育費の合意×支払方法|基本>

あ 養育費の合意×支払方法

支払方法について特に制限はない

い 支払方法|例

ア 毎月支払う
イ 何か月ごとに支払う
ウ 将来分を一括で支払う

『一括払い』の場合,後から問題が生じることもあります。
次に説明します。

2 養育費・一括払い×増額|基本

養育費を一括払いにした場合,後から『増額』が要求されるケースもあります。
『増額』の制度についてまとめます。

<養育費・一括払い×増額|基本>

あ 『増額』の適用

養育費を一括払いした場合
→個別的事情によっては『事情の変更による増額』が適用される
=一定額の『追加』が必要となる可能性がある

い 家裁の手続

協議で定められない場合
→家庭裁判所の調停・審判を利用できる
『審判事項』の中の『別表第2事件』として分類されている
詳しくはこちら|家事事件|手続|種類・基本|別表第1/2事件・一般/特殊調停対象事件

このように養育費の増額が認められるのは,特殊性によるものです。
養育費の特殊性については次に説明します。

3 養育費の特殊性・性格

養育費の特殊性や性格についてまとめます。

<養育費の特殊性・性格>

あ リアルタイム支給の必要性

生活費である
→不足があると日々の生活・生存に支障が生じる

い リアルタイムでの『変動』

状況の変化により金額を変動させる必要がある
ア 父母の経済状況の変化
イ 子供の疾病・学習環境の変化
養育に必要な金額の変化
※民法880条

4 養育費・一括払い×増額|基準

養育費の一括払いがなされた後に『増額』が認められることがあります(前記)。
増額が認められる基準の基本的部分を整理します。

<養育費・一括払い×増額|基準>

あ 増額|要件

合意時or審判時には予見できなかった事情が生じた

い 増額認定・ハードル|例

支払いを受けた側の親が,計画的な支出をしなかった
早めに使い果たしてしまった
→変更(増額)は認められない
※東京高裁平成10年4月6日

5 養育費・一括払い×増額|実務的問題

養育費の一括払い後に増額すると現実的な問題が発生することがあります。

<養育費・一括払い×増額|実務的問題>

あ 困窮を見過ごせない

実際に子供が経済的に困窮している状況
→心情として救済せざるを得ない

い 税務リスク

養育費の一括払いは税務上『贈与』扱いがなされるリスクがある
詳しくはこちら|扶養料,養育費への贈与税課税;基本,一括払い,認知未了

6 養育費・一括払い×増額|予防|増額禁止条項

養育費を一括払いした後に増額が認められると『想定外』と感じます。
既に将来分も支払終わっていたという前提が否定されてしまうのです。
そこで,最初から『後から増額されないような工夫』が好ましいです。
その発想として『増額を禁止する』条項についてまとめます。

<養育費・一括払い×増額|予防|増額禁止条項>

あ 発想

後から『増額』することを避ける合意をしておく

い 具体例

離婚協議書・調停調書に次のような条項を設定する
『養育費の金額変更・追加請求は認めない』

う 法解釈

扶養請求権は放棄などの『処分』ができない
→『い』の条項は無効となる可能性が高い
※民法881条

このように『増額禁止』は,無意味となる可能性が高いのです。

7 養育費・一括払い×増額|増額抑制条項

養育費の一括払い後に増額されることの予防策は上記以外にもあります。

<養育費・一括払い×増額|増額抑制条項>

あ 発想

後から『増額』することが必要な状況の発生を回避する

い 具体例

離婚協議書・調停調書に次のような条項を設定する
ア 養育費を計画的に使用して,養育に当たるべき義務
イ 養育費受領した親が,その責任において子供の養育に当たる
ウ 将来予測される支出の項目
例;大学進学など

う 法解釈

『予見できなかった事情』という主張が認められにくくなる
→『増額』が否定される可能性が高くなる
詳しくはこちら|離婚の条件が合意に達した時点で離婚協議書の調印+離婚届提出をすると良い

このような工夫は『後から増額される』ことを抑制することにつながります。