1 生活費の負担の過不足と財産分与(総論)
2 財産分与における婚姻費用の清算(まとめ)
3 円満(同居)時の負担の過不足と財産分与
4 破綻(別居)時の負担の過不足と財産分与

1 生活費の負担の過不足と財産分与(総論)

通常,夫婦が別居すると,生活費の負担が支払われます。
これを『婚姻費用分担金』と呼びます。
しかし実際には,婚姻費用の調停を申し立てるまでの間が未払いとなってしますケースも多いです。
詳しくはこちら|別居中は生活費の送金を請求できる;婚姻費用分担金
当然,婚姻費用の未払いは不公平です。
最終的な夫婦間の清算である財産分与で不公平が解消されます。
しかし,生活費の負担の過不足がすべて解消されるわけではありません。
本記事では,生活費の負担の過不足についての財産分与での扱いを説明します。

2 財産分与における婚姻費用の清算(まとめ)

財産分与で婚姻費用を清算するかどうかの判断の結論を最初にまとめておきます。

<財産分与における婚姻費用の清算(まとめ)>

あ 基本的事項

婚姻費用(生活費)の負担に関する過不足について
時期によって財産分与の扱いが異なる

い 時期と財産分与の扱いの関係
時期 財産分与での扱い
同居中 反映しない(後記※1)
別居中 反映(加算)する(後記※2)
う 典型的な清算の内容

夫婦の別居時において
婚姻費用分担金の未払い期間がある
→未払い分を財産分与で増額or減額する

同居か別居かという状況よって違う判断になります。
ただし,判例・裁判例の内容としては,もう少し分かりにくい表現が使われています。
このまとめの元となる理論を示している判例・裁判例は以下順に説明します。

3 円満(同居)時の負担の過不足と財産分与

夫婦関係が円満である時の生活費の負担の過不足について判断した裁判例をまとめます。

<円満(同居)時の負担の過不足と財産分与(※1)>

あ 前提事情

夫婦関係が円満に推移している間において
夫婦の一方が過当に婚姻費用を負担した

い 財産分与における扱い

過分な費用負担は贈与の趣旨でなされたものである
→清算を要しない
=清算的財産分与の対象にはならない

う 例外

特段の事情があれば財産分与の対象として扱う
例;『清算を要する』旨の夫婦間の合意がある

え 円満な時期

一般的に同居している期間について
→『夫婦関係が円満』といえる
※高松高裁平成9年3月27日

円満な時期とは,通常は同居している時期と同一です。

4 破綻(別居)時の負担の過不足と財産分与

次に,夫婦関係が破綻に近い状況での生活費の負担の過不足に関する判例を紹介します。

<破綻(別居)時の負担の過不足と財産分与(※2)>

あ 前提事情

夫婦関係が破綻に瀕した後において
夫婦の一方が過当に婚姻費用を負担した

い 清算の必要性

過分な費用負担には贈与の趣旨はない
→清算を要する

う 法的扱い

過分な費用負担について
『一切の事情』に該当する
※民法768条3項,771条
→清算的財産分与の対象とする
※最高裁昭和53年11月14日

え 破綻の時期

別居開始より後を破綻に瀕したものとする
※高松高裁平成9年3月27日
※『判例タイムズ375号』p77

通常は,別居時期は破綻しているものといえます。