1 養子縁組の目的の分類と有効性(総論)
2 相続や財産目的の縁組と縁組意思(概要)
3 節税意図と縁組意思(平成29年最高裁)
4 一時的な情交関係と縁組意思(有効判断)
5 高齢の判断能力低下と縁組意思(無効判断)

1 養子縁組の目的の分類と有効性(総論)

養子縁組には『親子関係を作る意思』が必要とされます。
詳しくはこちら|養子縁組の縁組意思の内容のまとめ(実質的意思の判断基準)
実際の養子縁組では,養親・養子にはいろいろな目的や気持ちがあります。
相続による財産の承継や遺留分への影響や節税効果なども意識されることです。
本記事では,典型的な意図や目的を分類します。
それぞれの目的と有効性との関係について説明します。

2 相続や財産目的の縁組と縁組意思(概要)

相続における財産の承継を意識して養子縁組をするケースは多いです。
というより,養子縁組をする時に相続や財産のことを意識しない方が異常でしょう。
相続や財産という目的の養子縁組の実例は多いです。
このようなケースにおける裁判所の縁組意思の判断は別の記事で説明しています。
詳しくはこちら|相続や財産を目的とする縁組の縁組意思(有効性)の判断事例

3 節税意図と縁組意思(平成29年最高裁)

明確に節税目的で養子縁組をしたケースがあります。
平成29年の最高裁判例は,このことを理由にして縁組意思を否定することはできないと判断しました。

<節税意図と縁組意思(平成29年最高裁)>

あ 縁組と節税効果の関係

相続税の節税効果は相続税法の規定によって発生する
養子縁組の直接的な効果ではない
節税は養子縁組の動機である

い 節税と縁組意思の意図の関係

『ア・イ』は併存しうる
ア 相続税の節税の動機
イ 縁組をする意思

う 節税意図と縁組の有効性

専ら相続税の節税のために養子縁組をする場合であっても
直ちに『縁組意思が欠ける』とは判断できない
※最高裁平成29年1月31日

養子縁組による節税の効果については,別の記事で説明しています。
詳しくはこちら|相続税の節税|相続人を増やす|養子縁組・2割加算・養子人数上限

4 一時的な情交関係と縁組意思(有効判断)

『親子関係を作る意思』を否定するものとして,男女の関係が指摘されます。
最高裁の判例では,過去の一時的な情交関係があっても,縁組意思を否定しませんでした。

<一時的な情交関係と縁組意思(有効判断)>

あ 事案

養親と養子の間に
過去に一時的な情交関係が存在した

い 裁判所の判断

縁組の意思を欠くものではない
→縁組の有効な成立を妨げない
※最高裁昭和46年10月22日

5 高齢の判断能力低下と縁組意思(無効判断)

相続に関する目的での養子縁組のケースです。
最終的に養子縁組の目的そのものは決定的な判断の根拠になりませんでした。
養親の判断能力の低下を理由として,養子縁組が無効と判断されました。

<高齢の判断能力低下と縁組意思(無効判断)>

あ 事案

養親となるAの子=推定相続人の兄弟間で感情的な対立が高まっていた
長男Bが,他の兄弟を相続において極力排除する意図を強く持っていた
長男Bは『その妻C・長男D・Dの妻E』の3人をAの養子とすることを計画した
実際にC・D・Eの3人とAとの養子縁組について同時に届出を行った
この当時,Aは高齢であり,判断能力が低下していた
B・C・D・Eは,他のAの推定相続人に養子縁組のことを隠していた

い 裁判所の判断

Aは,正常な意思能力がなかった
=養子縁組の趣旨・目的を正確に理解していなかった
→実質的な養子縁組の意思に欠けていた
→養子縁組は無効である
※東京高裁昭和57年2月22日