1 フランス流・不倫は文化判決|概論
2 当事者・主要な事情・事案
3 夫の有責性につながる事情
4 離婚による経済的ダメージ
5 裁判所の判断の結論
6 貞操義務の実質免除への批判

1 フランス流・不倫は文化判決|概論

有責配偶者からの離婚請求は原則的に否定されます。
しかし,一定の事情があれば認められます。
いろいろな事案についての裁判例を別に説明しています。
詳しくはこちら|有責配偶者からの離婚請求を判断した裁判例
その中で『国民性』が考慮されたという珍しい裁判例があります。
フランス人の自由奔放な文化が指摘・考慮されたのです。
結果的に貞操義務違反から解放されたのと同じことになりました。
そこで『(フランス流の)不倫は文化判決』と呼ばれています。
この裁判例の事案と判断について,以下説明します。

2 当事者・主要な事情・事案

当事者と主要な事情をまとめます。

<当事者・主要な事情・事案>

あ 夫婦のナショナリティ

妻=フランス人
夫=日本人

い 仲違い→別居

夫婦が仲違いした
妻がフランスの実家に子供を連れて戻った

う 妻の不貞行為

妻が現地で他の男性(フレンチ複数)と交際を開始した

え 訴訟提起

その後,妻が離婚請求訴訟を提起した
→有責配偶者からの離婚請求である
夫は棄却を求めた

3 夫の有責性につながる事情

この訴訟では夫の有責性が指摘されています。
『双方有責』の考え方と言えます。
詳しくはこちら|双方有責における離婚請求

<夫の有責性につながる事情>

あ 夫の『実力行使』

夫が言うことを聞かせるために『実力行使』を行っていた
妻の人格を否定するような内容であった
→妻が夫に対する信頼を失った
→夫婦としての亀裂が急速に拡大した

い 実力行使の内容

携帯電話・メール・クレジットカードを使えなくした

う ナショナリティの配慮

フランス人は個人の自由や権利の尊重を当然のこととする
夫の言動は,妻の気持ちや人格に対する理解や配慮を欠いた
そして,妻を追い詰めていった

え 夫の有責性

夫の言動が原因となり,妻が不貞に及ぶことになった
夫にも相応の原因がある

4 離婚による経済的ダメージ

離婚請求の相手方の受ける経済的ダメージが判断されています。
有責配偶者からの離婚請求における3要件の1つです。
詳しくはこちら|有責配偶者からの離婚請求は3つの要件で判断される

<離婚による経済的ダメージ>

夫の年収は約960万円であった
→離婚による『夫の不利益』は小さい
→著しく不利益な状態にはならない
→精神的・社会的・経済的に苛酷な状態にはならない

5 裁判所の判断の結論

以上の検討を踏まえた判断の結論をまとめます。

<裁判所の判断の結論>

離婚請求を認容した
慰謝料は認めなかった
※東京高裁平成26年6月12日;不倫は文化判決

6 貞操義務の実質免除への批判

この裁判例の審理内容については批判があります。

<貞操義務の実質免除への批判>

あ 特殊事情

上記判例の事案には次のような特殊事情があった
ア 妻の不倫に対する抗議
イ 一定の高収入
年収=約960万円
ウ 自由奔放な文化エリアの国籍

い 判断の傾向

妻の貞操義務が無効化される結果となった

う 批判

『個人の自由や権利を尊重すること』はフランス人か否かと関係がない
※上智大学法学部准教授羽生香織『月報司法書士2015年5月』日本司法書士会連合会p62

国籍を貞操義務の実質的免除につなげる解釈と言えます。
この考え方について,不公平・不合理性が指摘されているのです。